本文へスキップ

オステオパシーosteopathy

オステオパシー

店内イメージ

オステオパシー(Osteopathy)とは、1874年アメリカ人のアンドリュー・テイラー・スティルによって創始されました(カイロプラクティックとほぼ時期を同じくする)。
日本では、整骨療法と呼ばれることもあります。

オステオパシーは、様々な手技を使って、主として軟部組織や骨格、関節の動きをよくするような治療を行います。

現在アメリカではオステオパシーは完全に主流の医療に組み込まれていて、手技は希にしか行われません。

日本で行われているオステオパシーとアメリカでのオステオパシーでは大きく違います。日本では一民間療法(日本では法制化されていない為、法に定められる以外の民間療法行為となる)であるのに対し、アメリカでは西洋医学医師(M.D.)と同様に正規の医師です。D.O.はすべての州で「医師免許」を認可されており、西洋医学医師(M.D.)と全く同等に「診断・外科手術・処方・投薬」等の全ての「医行為」が認められています。つまり、アメリカのオステオパシー医と日本におけるオステオパシーを行う者は、まったく別といってもいいでしょう。

オステオパシ基本的理論は、身体はひとつのユニットであり、身体の諸器官や組織は互いに関連して機能している・身体の機能と構造は相互に関係する・身体は自己治癒力を備えている・自己治癒力を上回る何らかの外力または内的変化が生じた時に病気が発生する・筋、関節、神経、血液(動脈・静脈)、リンパ、脳脊髄液、諸内臓などを総合的に観察した上で見つけ、矯正することにより、健康に導く・というものです。

主なテクニックに直接法、間接法、ストレイン&カウンターストレイン、筋・筋膜リリーステクニック、筋エネルギーテクニック、スティルテクニック、頭蓋オステオパシー、内臓マニピュレーション、誇張法、などがあります。

日本においては、乏しい知識と貧弱な技術、時には誤ったり誤解に基づいた理論に従いつつもオステオパシーと標榜したり、或いは短期で習得できるようなことを宣伝するような学校も少なくなため、オステオパシーに治療を受ける際には注意が必要です。



スタッフ写真

total health

健康の知恵(頭痛腰痛肩凝りなどの痛み痺れ猫背などの姿勢にお悩みの方は…)O脚矯正X脚矯正整体整骨カイロプラクティック
→アクセス