本文へスキップ

温冷浴

温冷浴

店内イメージ

温冷浴とは、水浴と温浴を交互に繰り返すことで皮膚を鍛え、血液循環を促進し、新陳代謝を活発にする健康法です。

疲労回復。血流良くなる、冷え、浮腫み、肩こり。アトピー性皮膚炎や他の皮膚炎、糖尿病、肥満、高血圧、喘息、風邪。腸の調子がよくなる、快便になる、などの効果あると言われていいます。

温冷浴の方法
水で身体を冷やし、湯で身体を温めることを繰り返します。回数は5回以上が効果的だと言われています。温度は水が15〜20度、湯が40〜42度。最後は水で冷やして終わる。

温冷浴は自律神経のバランスを改善します。

長く続けるほど効果がでてくるため、夏くらいからはじめるといいようです。