本文へスキップ

MRI (核磁気共鳴画像法)magnetic resonance imaging

MRI (核磁気共鳴画像法)

店内イメージ

MRI(核磁気共鳴画像法・magnetic resonance imaging)は、核磁気共鳴現象を利用して身体の内部を断層画像化する方法です。

X線などの放射線を使用しないため、放射線被爆がない。造影剤を用いなくとも血管画像が撮影できる。軟部組織はエックス線に写りにくいため、軟部組織を写し出すことのできるMRIは椎間板ヘルニアや人体損傷、筋肉の損傷や筋肉・軟部組織の腫瘍など、骨以外の運動器の異常の評価に有用です。

MRI用の造影剤によるアレルギー反応や嘔気のようなことがあります。

一般的にCTと比較して検査時間が長い。そのため内臓(肺などを撮影するために長時間の息止めを要し、それでもこれらの領域ではCTに対して空間解像度で著しく劣る画像しか撮影できない。

心臓ペースメーカーやその他磁気に反応する金属が体内にあると、検査を受けられない場合がある。



スタッフ写真

total health

健康の知恵(頭痛腰痛肩凝りなどの痛み痺れ猫背などの姿勢にお悩みの方は…)O脚矯正X脚矯正整体整骨カイロプラクティック
→アクセス