本文へスキップ

レントゲンX-ray

レントゲン(X線)

店内イメージ

X線撮影は、エックス線を身体に照射し透過したエックス線をフィルムに映し出すことで内部の様子を知ることのできる画像検査法の一種です。医療以外にも工業や空港など様々なところで利用されています。

X線撮影では、X線照射装置とフィルムの間に体を置き、焼き付けて画像化する。X線は感光板を黒く変色させるため、体がX線を通過させた部分では黒く写り、体がX線を阻止した場合には、その部分が白く写る。エックス線の透過性の高い組織は皮膚や肺、筋肉がある。逆にエックス線の透過性の低いものとしては骨がある。組織を明瞭にするために造影剤などを入れて撮影する場合もある。(造影剤とは画像診断の際、特定の組織を強調して撮影するために患者に投与される薬である。エックス線撮影ではエックス線をよく遮蔽する物質が使われる。造影剤としてはバリウムなどがある。)

最近ではコンピューターX線撮影などもあります。

レントゲン撮影は骨の病変の発見・診断に大変有効で、特に骨折の診断・骨粗しょう症の診断に有用性が高い。
注意(レントゲン検査で医療被曝を経験した女性は、レントゲン未経験者の同年齢の女性に比べると、ダウン症児が生まれる確率が7倍も高いことが明らかになっている。)



スタッフ写真

total health

健康の知恵(頭痛腰痛肩凝りなどの痛み痺れ猫背などの姿勢にお悩みの方は…)O脚矯正X脚矯正整体整骨カイロプラクティック
→アクセス