手技療法(整体)と背骨矯正



D10号棟2階に住む年金生活の1人暮らしの女性(70)は「横浜の旭化成建材の問題は知っていたが、まさか自分が住んでいる所がそうだと分かり、びっくりした」という。 道が問題を公表した28日夜、テレビ局の取材クルーのライトやカメラのフラッシュに建物が浮かび上がった。 新たに不正が発覚したのは、釧路市にある道営愛国団地D10号棟。 北海道まで問題が拡大したことに、長浜局長は会見で「正直、驚きを隠し得ない」と話した。 入居者には28日、道から問題を知らせる文書が届いたという。 旭化成建材は「客観的に見てデータの転用があったと認めざるを得ない」と話しているという。 今のところ不具合は感じていないとしながらも、不安そうな表情を浮かべた。