背骨矯正と整体・カイロプラクティック(手技療法)



大人の症状は一般的な風邪とさほど変わらないのに、妊婦が感染すると、胎児の難聴や心臓欠陥、精神障害のほか、死亡すら招くというものだった。 リーガン氏は、風疹によって中絶手術に関する議論が進んだのは、家族の問題としてとらえられたためだと述べている。 1973年に中絶手術が法的に認められるころには風疹はもはや推進力ではなかったものの、風疹の大流行は「女性のみならず男性も、中絶手術という手順の有効性とそれを合法化する必要性について議論するきっかけとなりました」.「風疹は、中絶手術に関する公の議論を巻き起こし、初期の中絶手術権ムーブメントを後押しする役割を果たしました」とリーガン氏。 1960年代初頭に深刻な先天異常を引き起こした薬害サリドマイド禍を経て、64~65年の風疹流行時に、米国政府は妊婦が感染する危険性について積極的な警告を行ったと、『危険な妊娠(Dangerous Pregnancies)』の著者レスリー・J・リーガン氏は言う。 米国でも中絶手術は違法だったが(避妊が禁じられていた州も多かった)、刑法には医師が医学的な理由で「治療の目的の中絶手術」を行うことを許可する例外が含まれていた。 それはジカウイルスではなく、風疹ウイルスである。 「風疹は、中絶手術に関する公の議論を巻き起こし、初期の中絶手術権ムーブメントを後押しする役割を果たしました」とリーガン氏。 ウイルスに感染した妊婦への中絶手術許可は、健康な子どもを産みたいという両親の希望を叶える手段として提案された。 例外とは妊婦に命の危険がある場合を意味するものだったが、定義があいまいだったため、一部の医師が風疹に感染した女性に対する中絶手術を始めた。 どちらの国も、中絶手術は今でもほぼ例外なく違法である。 1973年に中絶手術が法的に認められるころには風疹はもはや推進力ではなかったものの、風疹の大流行は「女性のみならず男性も、中絶手術という手順の有効性とそれを合法化する必要性について議論するきっかけとなりました」ブラジルでは、出生児が小頭症を発症している例があり、その大半がジカウイルスによるものと考えられているが、この国で中絶手術が合法になるのはレイプ、妊婦の健康に対する脅威、無脳症の場合のみ。 それまでタブー視されていた中絶手術が、道徳的ではなく医学的な決断として提唱されるようになったのだ。 1960年代の米国に、あるウイルスが恐怖をもたらした。 先天異常による中絶手術の前例がないコロンビアでも、保健相が、感染した妊婦が中絶手術を求める権利を示唆している。 先ごろブラジルおよびコロンビア政府が発表した声明は、同様の影響が予想される内容だった。 その後、医師らが「治療のための中絶手術」を許可する条件を法的に定義するよう主張した結果、全国的な中絶手術合法化のムーブメントにつながった。 風疹は米国社会に深い影響を与えた。 しかし、小頭症の前例が存在すること、さらに感染した妊婦の中絶手術を支持する声明をブラジル人医師らが出していることから、50年前に風疹によって米国で起きたことと同様に、ブラジルでもジカウイルスによって中絶手術に対する慣行が変わる可能性がある。 米国では1958年に風疹が大流行したが、米国人が風疹の本当の恐ろしさについて認識するようになったのは、60年代以降である。
これを皮膚に当ててチロシナーゼの量とその分布を調べるのだという。 食用果実として非常に重要で、2009年の全世界での年間生産量は生食用バナナが9581万トン、料理用バナナが3581万トンで、総計では1億3262万トンにのぼる。 また、花を料理に使う地域もあり、葉は皿代わりにしたり、包んで蒸すための材料にしたりするほか、屋根の材料などとしても利用される。 チームリーダーのウベール・ジロー(Hubert Girault)氏は、「このスキャナーの利用で、侵襲的な組織検査は必要がなくなる」と述べ、また将来的には、がん細胞の破壊にも利用できる可能性があると期待を寄せた。 しかし、第2ステージでは、少しずつ均等に広がり、そして第3ステージでは、不均等に拡散する。 科学者らはまず、メラノーマの成長において、チロシナーゼが信頼性の高いマーカーになると考えた。 8日の独科学誌「応用化学(Angewandte Chemie)」に掲載された研究論文によると、バナナの皮を活用することによって、皮膚がんのより簡単な診断が可能となり、患者の生存率上昇も期待できるという。 種によっては熟すまでは毒を持つものもある。 熟したバナナの皮には、丸くて小さな黒点が現れる。 バナナ(甘蕉、実芭蕉、学名 Musa spp. )はバショウ科バショウ属のうち、果実を食用とする品種群の総称。 漢名は「香蕉」。 最も早期の第1ステージのがんでは、この酵素はあまりみられない。 また、その果実のこと。 米国がん協会(ACS)によると、メラノーマがステージ1で検出された場合の10年生存率は95%だが、この数字はステージ3中期までに43%に激減するという。 開発したスキャナーは、柔軟性のある微小電極8本で構成されており、「くし」状の形をしている。 がん用のスキャナーを開発し、患者の皮膚での応用の前に、バナナの皮を使って試験と改良を重ねた。 皮膚がんの中でも致死率の高い悪性黒色腫(メラノーマ)に苦しむ人に多くみられる。 日本では古くは芭蕉と呼ばれたが、実を食するものは実芭蕉(みばしょう)とも呼ばれる。 いくつかの原種から育種された多年草。 これはチロシナーゼとして知られる酵素の働きによるもので、この酵素はヒトの皮膚にもある。 スイスの物理・分析電気学研究所(Laboratory of Physical and Analytical Electrochemistry)の科学者チームは、こうした共通性に注目。 この第3ステージまでに、がんは他の器官に転移を始める。 バナナの皮の黒い点が、皮膚がんの早期発見に役立つかもしれない──。 アジアやラテンアメリカの熱帯域で大規模に栽培されているほか、東アフリカや中央アフリカでは主食として小規模ながら広く栽培が行われている。
世界保健機関(WHO)は8日、妊婦の感染と新生児の小頭症の関連が疑われるジカウイルス感染症(ジカ熱)のワクチンについて、12の研究グループが開発に着手していることを明らかにした。 WHOはワクチンの実用化に向け、臨床試験の迅速な認可のための支援を必要な国々に行う方針。 ワクチン(独: Vakzin、英: vaccine)はヒトなどの動物に接種して感染症の予防に用いる医薬品。 毒性を無くしたか、あるいは弱めた病原体から作られ、弱い病原体を注入することで体内に抗体を作り、以後感染症にかかりにくくする。 名前の由来はラテン語の「Vacca」(雌牛の意)から。 ワクチンを発見したのはイギリスの医学者、エドワード・ジェンナー。 弱いとはいえ病原体を接種するため、まれに体調が崩れることがある。 接種方法としては皮下注射、筋肉内注射が多いが、経口生ポリオワクチン(OPV)のように直接飲む(経口ワクチン)ものやBCGのようなスタンプ式のもの、変則的接種方法として、皮内注射などもある。 また、マラリア予防薬のように服用するタイプの予防薬の研究も始まっているほか、ウイルスを媒介する蚊の駆除方法などの検討も進んでいる。 ただ、いずれも「開発の初期段階であり、実用化には数年かかる」としている。 牛痘にかかった人間は天然痘にかからなくなる(またはかかっても症状が軽い)事を発見し、これにより天然痘ワクチンを作った。 その後、ルイ・パスツールが病原体の培養を通じてこれを弱毒化すれば、その接種によって免疫が作られると理論的裏付けを与え、応用の道を開いたことによって、さまざまな感染症に対するワクチンが作られるようになった。 ジカウイルスは、デング熱や黄熱病、日本脳炎のウイルスなどと同じフラビウイルス科のウイルス。
虫歯菌は最初からヒトの口腔内に存在しているのではなく、口移しや食器の共有などによって、感染者の唾液が口に入ることによって感染する。 磁気共鳴画像装置(MRI)で確認できる微小な脳出血の跡も多かったという。 国循の殿村修一医師は「病原性の高い細菌を選んでなくす方法を確立できれば、脳出血の予防につながる可能性がある」と話している。 ヒトの口腔内にも存在し、う蝕(虫歯)の原因菌のひとつである。 論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。 虫歯菌(ミュータンスきん、学名:Streptococcus mutans)とは、グラム陽性で通性嫌気性の連鎖球菌の一種のことである。 しかし、DNAによる同定法などが確立してきたために、それらが別の菌であることが分かった。 虫歯菌の別名でも有名。 研究グループは、国循に入院した脳卒中患者100人から唾液を採取し、中に含まれる虫歯菌を培養した。 虫歯の原因菌として知られる虫歯菌の一種が脳内で炎症を引き起こし、脳出血の発症に関与していると国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)などが5日発表した。 なお虫歯菌とは、現在Streptococcus mutansのことを主に指すが、過去にはミュータンス群のことを指していた時代がある。 このうち、コラーゲンと結合して止血作用を阻害する性質を持つ「cnm遺伝子保有株」が検出された患者は、脳出血の発症可能性が他の患者の約4倍あった。 1924年にJ. K. Clarkeによって発見された。 S. mutansやS. sobrinusなどがあるが、それら全てが虫歯菌と考えられていた。
The Guardianは、フリーカメラマンのAntonio Olmosさんの話を紹介している。 Touch IDセンサ(が取り付けられているリボンケーブル)を交換した場合、新しい部品をiPhoneとペアリングする必要がある。 「iPhone」の指紋認証機能「Touch ID」を非正規の業者に修理してもらったことがある場合は、「iOS 9」へのアップグレード時に端末が使用できなくなる恐れがある。 Appleの正規の修理センターがなかったため、Olmosさんは非正規業者に交換を依頼したという。 「すべてがひどい話だ」とOlmosさんは述べた。 簡単にGoogle検索をかけただけでも、iPhoneが使用不能になったユーザーが多数存在することがわかる。 Appleは、新しいiPhoneを購入する以外に手段はないと述べている。 「アップグレードで使用不能になる製品をわざわざ製造して、顧客にはそれを警告もしないなんてことがあり得るのか」(Olmosさん)この問題の影響を受けたのは、Olmosさんだけではない。 Olmosさんは仕事でマケドニアを訪れていた際にiPhoneを壊した。 しかしそれは、アップデートで端末が使用できなくなるとは思っていなかったユーザーにとって、何の慰めにもならない。 Touch IDセンサは、iPhoneや「Apple Pay」のセキュリティの中心的な要素であるため、改ざんを防ぐためのセキュリティ機能が組み込まれていることは納得できる。 Appleの広報担当者は「エラー53」に関して、米ZDNetへの返答で次のように説明した。 後にOlmosさんのiPhoneに「iOS」アップグレードの通知が来たが、アップグレードは完了せず、端末は「エラー53」が表示されて使用不能になったという。 iOS 9はこのペアリングをチェックしているらしく、ペアリングが実行されていない場合は、警告することなくiPhoneを使用不能にする。 そしてその操作は、正規の修理センターのみで実行される。






カイロプラクティック

カイロプラクティック(脊椎矯正術)とは1895年に米国のダニエル・デビッド・パーマーにより創始された施術

カイロプラクティックの呼称は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する新しく作られた造語。

世界保健機関では補完代替医療に位置づけています。

発祥国の米国や、イギリス、ヨーロッパなどの一部の国(約40カ国)は主に筋肉系・骨格系の障害を取り扱う筋・骨格系健康管理の専門職として法制化されている国もあります。

世界保健機関WHOの定義では「筋肉、骨格障害とそれが及ぼす健康への影響を診断、治療、予防をする専門職です。

治療法としては、手による関節矯正もしくは脊椎マニピュレーションを特色とし特に脊椎の少しのズレに注目している」。

ただしカイロプラクティック(Chiropractic) の定義は、いろいろな協会教育機関で違う時も多いようです。

また、中には痛み症状原因が背骨などの椎骨の構造的、機能的な亜脱臼(サブラクセーション)にあると考え、その歪み(サブラクセーション)を手技・矯正器具により正しい位置に調整することで痛みやシビレを治すことがカイロプラクティック(背骨矯正療法)だと解釈する方もいます。