背骨矯正とカイロプラクティック



バリウムで作った便のようなものを排せつする検査を受けた際に収集したデータを分析した。 直腸と肛門が便をより出しやすい位置関係になる上、肛門を締め付ける筋肉が緩むためとみられる。 ただし『考える人』のように片手にあごを乗せても効果は上がらない」と指摘する。 さらに、肛門を締め付ける「括約筋」などもより緩んだ状態だったことから、チームは「『考える人』の姿勢は背筋を伸ばすより排便しやすい」と結論付けた。 検査中のX線写真を詳細に解析すると、「考える人」の姿勢では、直腸と肛門のつながり具合がより真っすぐになり、便が出やすくなっていた。 著名なフランスの彫刻家ロダン(1840~1917年)の彫刻「考える人」のように前傾姿勢を取ると、洋式トイレでは排便しやすくなるという研究結果を、大腸や肛門が専門の高野病院(熊本市)の医師らのチームがイタリアの医学誌で発表した。 チームは、高野部長が留学した米国の病院で、便秘など排便の困難を訴えて受診した男女約50人を対象に研究を実施。 リハビリテーションを行う理学療法士が医療現場で排便指導してきたことを初めて実証したといい、同病院の高野正太・大腸肛門機能科部長は「便秘で悩んでいる人は、まず『考える人』のポーズを試してみてほしい。 その結果、背筋を伸ばした真っすぐな姿勢では便を排せつできなかった22人(平均56歳)に対し、ロダンの「考える人」のように、肘を膝につける前傾姿勢を取らせたところ、11人が完全に排せつできた。
熟したバナナの皮には、丸くて小さな黒点が現れる。 日本では古くは芭蕉と呼ばれたが、実を食するものは実芭蕉(みばしょう)とも呼ばれる。 最も早期の第1ステージのがんでは、この酵素はあまりみられない。 チームリーダーのウベール・ジロー(Hubert Girault)氏は、「このスキャナーの利用で、侵襲的な組織検査は必要がなくなる」と述べ、また将来的には、がん細胞の破壊にも利用できる可能性があると期待を寄せた。 バナナの皮の黒い点が、皮膚がんの早期発見に役立つかもしれない──。 アジアやラテンアメリカの熱帯域で大規模に栽培されているほか、東アフリカや中央アフリカでは主食として小規模ながら広く栽培が行われている。 がん用のスキャナーを開発し、患者の皮膚での応用の前に、バナナの皮を使って試験と改良を重ねた。 これを皮膚に当ててチロシナーゼの量とその分布を調べるのだという。 皮膚がんの中でも致死率の高い悪性黒色腫(メラノーマ)に苦しむ人に多くみられる。 いくつかの原種から育種された多年草。 スイスの物理・分析電気学研究所(Laboratory of Physical and Analytical Electrochemistry)の科学者チームは、こうした共通性に注目。 これはチロシナーゼとして知られる酵素の働きによるもので、この酵素はヒトの皮膚にもある。 この第3ステージまでに、がんは他の器官に転移を始める。 漢名は「香蕉」。 食用果実として非常に重要で、2009年の全世界での年間生産量は生食用バナナが9581万トン、料理用バナナが3581万トンで、総計では1億3262万トンにのぼる。 開発したスキャナーは、柔軟性のある微小電極8本で構成されており、「くし」状の形をしている。 しかし、第2ステージでは、少しずつ均等に広がり、そして第3ステージでは、不均等に拡散する。 8日の独科学誌「応用化学(Angewandte Chemie)」に掲載された研究論文によると、バナナの皮を活用することによって、皮膚がんのより簡単な診断が可能となり、患者の生存率上昇も期待できるという。 また、花を料理に使う地域もあり、葉は皿代わりにしたり、包んで蒸すための材料にしたりするほか、屋根の材料などとしても利用される。 米国がん協会(ACS)によると、メラノーマがステージ1で検出された場合の10年生存率は95%だが、この数字はステージ3中期までに43%に激減するという。 また、その果実のこと。 科学者らはまず、メラノーマの成長において、チロシナーゼが信頼性の高いマーカーになると考えた。 種によっては熟すまでは毒を持つものもある。 バナナ(甘蕉、実芭蕉、学名 Musa spp. )はバショウ科バショウ属のうち、果実を食用とする品種群の総称。


でも、(総務省が)それがいかんという方針なら、我々はそれに従う」と思いを語る。 それを特に若い人に定価で買ってくださいというのは負担が大きいんじゃないかと思う。 「その分、ユーザーには通信料を安くするとか、学生のヘビーユーザーには『何ギガプレゼント』みたいな形で還元する。 その一方で、実質0円での提供は経営的には負担の方が大きかったとし、その負担が軽減されるという意味ではポジティブに捉えていると説明。 この点については、「別にあっても構わないと思うが、世界中でいろいろな会社がいろいろなモノの売り方をしている。 携帯キャリアの中で、最初に実質0円を打ち出したのはソフトバンクだった。 この前日となる2月9日に開催されたKDDIの決算会見で、同社代表取締役社長の田中孝司氏は、実質0円の販売が廃止された影響について、「来店客数は大幅に減っている」と語っていた。 それが世界一安く手に入る日本、僕はいいんじゃないかなという気がする。 我々としては逆にシェアが上がっているのが実態」と説明した。 また、行き過ぎたキャッシュバックと思われる広告や掲示を見つけた場合には、総務省が設置した窓口まで連絡するよう求めている。 孫氏は「iPhoneは6万円とか10万円とかする。 特定の業界であまり事細かに、手取り足取りというのはいかがなものかと一般論としては感じる」(孫氏)と疑問を呈した。 結果的には、総務省の皆さんが意図された方向に改善されてきているのではないか」と語った。 総務省は2月2日、ガイドラインを守っているかを確認するため、店舗での覆面調査を実施すると発表。 この影響についてソフトバンク代表取締役社長 兼 CEOの宮内謙氏は、「1月末までが激しいキャッシュバック戦争だったので、2月と比較すると相当減ったように見えるかもしれないが、2015年の2月と比べるとそんなに激減ではない。 ソフトバンクグループ代表取締役社長の孫正義氏は、2月10日に開催された決算会見で、2月から“実質負担0円”での端末の販売が廃止されたことについて、「本当にそれは改善なのか、改悪なのかは、いろいろな議論があるところだと思う」と見解を述べた。








カイロプラクティック

カイロプラクティック(Chiropractic) は、1895年アメリカダニエル・デビッド・パーマーにより開発された治療法。

カイロプラクティックの命名は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する新しく作られた言葉。

WHO世界保健機関では補完代替医療に位置づけている。

発明国の米国や、イギリス、カナダ、オーストラリア、EU諸国などの一部の国(約40カ国)においては、おもに筋肉骨格系の障害を扱う筋肉骨格系健康管理の専門職として法制化されている。

WHOの定義は「筋・骨格系障害とそれが及ぼす健康への影響を診断・治療・予防をする専門職であります。

治療方法は手技によって行われるアジャストメントもしくは骨格マニピュレーションを特徴とし脊椎のわずかなズレに注目している」。

但し、カイロプラクティック(背骨矯正術)の定義は、いろいろな協会教育機関で異なっているケースも多いようです。

また、苦痛症状原因が脊椎などの(運動分節)の構造的、機能的な亜脱臼(サブラクセーション)だと考え、そしてその亜脱臼(サブラクセーション)を手・器具により調整することで痛みやシビレ治療するうことが「カイロプラクティック」 (Chiropractic) だと思っている人がいます。