脊椎・骨盤矯正と整体(手技療法)

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック









製薬大手「ノバルティスファーマ」(東京)が、医薬品の重い副作用約5500例を期限内に国に報告しなかったことがわかり、厚生労働省は今月中にも、医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づき同社に業務改善命令を出す方針を固めた。 今年初め頃に起きたシステム障害が原因で、隠蔽などの悪質性はなかったという。 同社広報部は「現時点でコメントは差し控えたい」としている。 同様の副作用報告義務違反で同社は昨年7月に業務改善命令、今年2月には業務停止命令を受けている。

11~13歳の子どもは練習中のヘディングの回数に制限を設ける。 米サッカー協会は、同じ規定を導入するかどうかの判断は個々の団体に委ねるとしながらも、規定は医療委員会からの勧告に基づくと強調、同様の対応を取るよう強く促している。 米国ではここ数年で、サッカーやアメリカンフットボールといったスポーツ選手の脳震盪(のうしんとう)問題に対する関心が高まっていた。 サッカーをする子どもたちの安全性向上に貢献できたことをうれしく思う」とコメントしている。 今回の規定は、2014年に米サッカー協会などを相手取って起こされた裁判がきっかけとなった。 原告との合意内容にはヘディング禁止のほか、監督や審判、保護者、選手に脳震盪の危険性を知ってもらうための啓発キャンペーンや、試合に戻る場合の手順が盛り込まれた。 今回の規定の対象となるのはその一部にとどまる。 原告側弁護団の代表は「最大の目標は達成された。 ヘディング禁止規定は米サッカー協会傘下のユースナショナルチームやアカデミーに所属する男女が対象となる。 米サッカー協会は11日までに、10歳以下の子どものヘディングを禁止すると発表した。 米ユースサッカー協会の2014年の統計によると、全米のユースサッカー人口は約300万人で、男女の比率はほぼ半々。








カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック