カイロプラクティック・整体(手技療法)と骨格矯正



こうした動きを受け、「グランブルーファンタジー」運営は8日、レジェンドガチャの出現率アップ表記と、ベアトリクスの性能表記についてゲーム内でコメントを発表。 炎上の原因は、年末年始のガチャイベントで提供されていた「アンチラ」というキャラクター。 「アンチラが他のキャラクターと同じ確率で出ると誤解させる」として、ユーザーからは「有利誤認にあたるのではないか」との声があがっていました。 前者は優良誤認、後者はいわゆるコンプガチャ規制に抵触するのでは――といった指摘も寄せられ、一部ユーザーの間では、消費者庁に通報したり、返金を求めたりといった動きも起こっていました。 ただ、謝罪に伴う補填などは発表されておらず、ユーザーからは「謝罪になってない」「そこじゃない」などの声もあがっています。 このキャラクターの出現率が非常に低く、アンチラ狙いのユーザーが次々と爆死(大金をつぎ込んでも引けないこと)したのがそもそものきっかけでした。 ソーシャルゲーム「グランブルーファンタジー」が炎上していた件で、運営は1月8日、ゲーム内で「お客様には混乱を招きご不快な思いをさせてしまいましたこと、重ねて深くお詫び申し上げます」と謝罪しました。 ただ、本当にアンチラだけ出現率が低かったのかについては言及されず、コンプガチャ疑惑のあった「クロスフェイトエピソード」についても特に触れられませんでした。 今回の説明に納得していないユーザーも多く、Twitterでは「火に油を注いだだけ」「説明にも謝罪にもなってない」といった不満の声が依然として多く見られました。 「お客様に大変ご不安の念を抱かせてしまっておりますこと、先ずお詫び申し上げます」と謝罪したうえで、「出現率アップ表記」については、「出現率アップの値は、それぞれの武器ならびに召喚石ごとに上昇しています」、ベアトリクスの性能表記については、「(表記に)齟齬があったため文言表記の統一を図り」、実際のスキル効果に合わせて表記を修正したとのことです。 加えて、同時期に実装された新キャラクター「ベアトリクス」の性能表記が実際の性能と異なっていたり、また「アンチラ」と他のガチャキャラクター両方をそろえることで、ゲームを有利に進められる「クロスフェイトエピソード」と呼ばれるイベントが発生することなども問題に。 また、他のキャラクターに比べて出現率が低く設定されている(ユーザーのガチャ報告などからの推測)にもかかわらず、その旨を事前に表記していなかったことも問題に。 署名サイトChange.orgでは、運営会社に立入検査を求める署名も立ち上がっています。

ブルートゥース接続のスピーカー機器「トリビィ(Triby)」で、家族向けの情報ハブといった位置づけ。 一方、サードパーティーとして、アレクサを導入しする機器をCESで発表したのが、フランスのスタートアップ企業、インボクシア(Invoxia)。 会場では、とくにスマートホーム関連で、アレクサやエコーとの連動を謳ったサードパーティー機器の出展が目立ったほか、フォード・モーターもコネクテッド・カー(つながる車)実用化の一環として、アマゾンとの提携を発表。 突き詰めれば、物販のための音声アシスタントにすぎない。 アマゾンの狙いは、こうしたエコーの単体販売やスマートフォンとの連携にとどまらない。 さらにインボクシアでは、子供が間違ってネットでの商品注文をしないよう、家族の声を区別する機能も開発中という。 円筒型スピーカーの格好をしたエコーは、Wi-Fi/ブルートゥース経由でネット接続し、音声での受け答えや品物のネット注文などができる。 米国では2014年11月に試験販売が始まり、2015年6月に一般発売された。 外出先などで紛失した場合は、ほかのbravoユーザーのスマホが紛失物の100フィート(約30m)以内に近づくと検知し、持ち主のスマホの地図上に表示してくれる機能もある。 今春にもソフトをアレクサ対応にアップデートの予定。 ブラボーから逆にスマホも見つけられる。 サードパーティー側でも、自ら巨額の投資じてソフトを開発せずに、高いレベルの音声インターフェースを活用できる利点がある。 コイン大の大きさの無線デバイスを自分のかばんや財布、鍵といった大事な持ち物に取り付け、なくさないようにしておけるのがトラッカー・ブラボー(TrackR Bravo)」。 自宅にいる場合はエコーを、車内ではアレクサの機能を使って、自動車の情報も音声でやり取りできる。 5日にフォードが発表した内容によれば、同社の第3世代の車載情報システム「SYNC(シンク)3」と、アマゾンのエコーおよびアレクサを連携させるという。 車内からエコーに接続し、自宅の照明や、室温を調整するサーモスタット、セキュリティーシステム、ガレージドアなどを音声で操作したり、これらの機器の状態も確認できるようにする。 スマートホームや住宅向けIoTをめぐっては、アップルやグーグル、サムスンといったIT大手も狙いを定め、基盤となるプラットフォーム技術や仕様を開発したりしている。 屋内で場所を特定するWi-Fi対応の電気プラグ「アトラス(Atlas)」は39ドルだ。 アマゾンのエコー/アレクサと連携することで、音声を使って探し物を突き止められるという。 サービスの開始時期は今年後半になる予定だ。 アマゾンと消費者の接点がそれだけ増えれば、商品のネット注文の増加が期待できるためだ。 現在のトリビィは、インターネット通話で受けた電話をスピーカーフォンで話したり、ラジオを聞いたり、外出先から送られたメッセージや絵を表示したりできるが、スマートフォンアプリか本体のボタンでしか操作できない。 それをアレクサファンドの資金支援を受けて、音声でも操作できるように改良する。 価格は199ドル。




市場関係者の1人は、中国市場混乱の背景について「中国が経済、金融崩壊の瀬戸際にあって、指導者らがパニックに陥り出したのでなく、共産党が一段と市場原理に基づいた経済へ明確な道筋を決めることに無関心とみられていることが根本にある」との見方を示した。 国務院は、金融担当部門の格上げに向けて作業部会を設置した。 国務院当局者のコメントは現時点で得られていない。 そこに年明けの相場急落が追い討ちをかけ、市場の信頼回復に向けた規制当局の体制見直しが一段と切迫性を増していた。 ただ、規制当局の一元化に時間がかかるため、暫定的な担当機関の検討に入ったという。 関係者は「指導部は株式市場の危機に大きな不快感を抱いている」と指摘。 銀行、保険、証券監督当局を集約し、一元化することを検討していた。 中国では、昨年夏の株式相場の急落後、金融当局間の連携が上手く取れていなかったことがこうした事態を引き起こしたとの批判が浮上。 関係筋が明らかにした。 関係筋によると、国務院の幹部、肖捷氏が率いる見通しだ。 金融当局の不手際により、経済政策運営に対する懸念が世界的に高まったとの見方が背景にある。 規制当局の一本化には数年を要する可能性があるため、暫定措置として国務院の金融部門を格上げする案が持ち上がっている。



カイロプラクティック(Chiropractic) は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正法)の他にもオステオパシー (Osteopathy)やスポンディロセラピ-などの脊椎矯正術があります。

アメリカの治療家「D.D.パーマー 」(1845~1913) が発明された。

病変は神経の機能障害により発現するという考え方に基づいて、身体、主に背骨の関節の調整で神経の機能回復をしようとする治療法なのです。