Just another WordPress site

2月, 2016

now browsing by month

 

骨盤矯正と整体





1958年からサメの襲撃に関するデータを収集している米フロリダ大学(University of Florida)の「国際サメ被害目録(ISAF)」責任者、ジョージ・バージス(George Burgess)氏によると、死亡事故はこのうち6件のみだったという。 これまでの最多襲撃記録は2000年の88件だった。 これは過去10年間の平均的な数字だった。 また昨年は、エルニーニョの影響で海水温が上がり、海を訪れる人の数も多かったとされる。 海水温の上昇と海を訪れた人が増えたことが原因と考えられるという。 サメ(鮫)は、軟骨魚綱板鰓亜綱に属する魚類のうち、鰓裂が体の側面に開くものの総称。 バージス氏によると、襲撃件数の増加は、気候変動に起因する海水温上昇で、サメの行動範囲が南北ともにさらに広がったことが原因の可能性があるという。 米国での襲撃件数のうち、30件は南東部のフロリダ(Florida)州で発生していたが、死亡事故が起きたのはハワイ(Hawaii)州だけだった。 世界中に約500種が存在する。 米国の大学が9日、明らかにした。 2015年に起きたサメに人間が襲われる事故は、世界で98件に上り、過去最高となった。 発生件数を国別でみると、米国が最多の59件を数え、オーストラリアの18件と南アフリカの8件がそれに次いでいる。 世界中の海洋に広く分布し、一部の種は汽水域、淡水域にも進出する。 鰓裂が下面に開くエイとは区別される。 また、深海性のサメも知られている。
同12月の期限切れに伴い、新しいヨウ素剤計23万8704錠を配布。 東京電力福島第1原発事故後、甲状腺被ばくを抑える「安定ヨウ素剤」を市民に事前配布しているいわき市で、3年間の使用期限を過ぎたヨウ素剤の回収率が約14.2%にとどまっていることが5日、分かった。 昨年1月に再び更新時期となり、40歳以上の希望者を含む市民に計24万1617錠(使用期限17年11月)を配布した。 市は「服用すると、副作用が懸念される」とし、回収への協力を呼び掛けている。 放射性同位体の崩壊を利用し放射線医学試薬として、または安定同位体を利用して原子力災害時の放射線障害予防薬や造影剤の原料として用いられるほか、強い殺菌力を利用し消毒薬、農薬などに用いられる。 ヨウ素剤(ヨウそざい、英: Iodine tablet)は、ヨウ化ナトリウムやヨウ化カリウムの製剤として内服用丸薬、シロップ薬、飽和溶液 (saturated solution of potassium iodide: SSKI)、粉末状の塩等として製剤される他、アルコール溶液やポリビニルピロリドンとの錯体として製剤される。 市は原発事故直後の2011(平成23)年3月、備蓄していたヨウ素剤計25万7700錠を40歳未満の全市民に配った。
17型コラーゲンが分解されると、毛髪を黒くする色素の幹細胞も枯渇して白髪になる。 毛包の縮小は男性ホルモンによる男性型脱毛症に特徴的な現象と考えられていたが、高齢化でも進むことが確認された。 最近では女性のレーザー脱毛と混同されることから 薄毛と言われる事が多い。 55~70歳の女性は若い女性に比べ、縮小した毛包が多く、17型コラーゲンの減少を確認できた。 しかし、年を取るとDNAの損傷を修復できなくなり、17型コラーゲンが酵素で分解されてしまう。 医学的には、毛密度が生来の50%以下に低下した場合を指し、他人から見ても目立つ場合が多いとされる。 毛包では幹細胞が自ら増殖するとともに毛を作る細胞を供給しており、通常は毛の成長と脱毛、休止のサイクルを繰り返している。 年を取ると毛が薄くなり抜けてしまうのは、毛を生み出す幹細胞が老化し、毛穴の小器官「毛包(もうほう)」が次第に縮小して消えてしまうためだと分かった。 研究チームはマウス実験の成果を人間で調べるため、大分県別府市の「くらた医院」の協力を得て、顔のたるみやしわを取る美容整形手術で切除された側頭部の皮膚を分析した。 東京医科歯科大の西村栄美教授らは17型コラーゲンの分解を防ぐ物質を探し始めており、西村教授は「5年から10年の間に薬ができれば」と話している。 通俗的には禿げ(はげ)と言われる。 幹細胞の老化を防ぐには、細胞と基底膜を結び付ける「17型コラーゲン」が必須であることも発見。 脱毛症(だつもうしょう)とは、本人が生えることを期待していた毛髪(主に過去に生えていた箇所の毛)が生えなくなった状態のことである。 早期に17型コラーゲンの分解を防げば、毛を長期間、維持できるという。 生理学的には、ヒトの頭髪の形状は年齢や個々人の個性により多様であり、こうあらねばならないという正解があるわけではない。 東京医科歯科大や米ニューヨーク大などの研究チームがマウスの背中の毛と高齢女性の毛髪で解明し、5日付の米科学誌サイエンスに発表した。 その結果、毛包の幹細胞が本来の能力を失って表皮の角化細胞に変わり、毛包自体も次第に縮小し消失する。
Touch IDセンサ(が取り付けられているリボンケーブル)を交換した場合、新しい部品をiPhoneとペアリングする必要がある。 「すべてがひどい話だ」とOlmosさんは述べた。 Olmosさんは仕事でマケドニアを訪れていた際にiPhoneを壊した。 Appleの正規の修理センターがなかったため、Olmosさんは非正規業者に交換を依頼したという。 Appleの広報担当者は「エラー53」に関して、米ZDNetへの返答で次のように説明した。 The Guardianは、フリーカメラマンのAntonio Olmosさんの話を紹介している。 しかしそれは、アップデートで端末が使用できなくなるとは思っていなかったユーザーにとって、何の慰めにもならない。 Appleは、新しいiPhoneを購入する以外に手段はないと述べている。 そしてその操作は、正規の修理センターのみで実行される。 iOS 9はこのペアリングをチェックしているらしく、ペアリングが実行されていない場合は、警告することなくiPhoneを使用不能にする。 「iPhone」の指紋認証機能「Touch ID」を非正規の業者に修理してもらったことがある場合は、「iOS 9」へのアップグレード時に端末が使用できなくなる恐れがある。 「アップグレードで使用不能になる製品をわざわざ製造して、顧客にはそれを警告もしないなんてことがあり得るのか」(Olmosさん)この問題の影響を受けたのは、Olmosさんだけではない。 簡単にGoogle検索をかけただけでも、iPhoneが使用不能になったユーザーが多数存在することがわかる。 Touch IDセンサは、iPhoneや「Apple Pay」のセキュリティの中心的な要素であるため、改ざんを防ぐためのセキュリティ機能が組み込まれていることは納得できる。 後にOlmosさんのiPhoneに「iOS」アップグレードの通知が来たが、アップグレードは完了せず、端末は「エラー53」が表示されて使用不能になったという。






カイロプラクティック

カイロプラクティック 「Chiropractic」 は、1895年にアメリカの「D.D.パーマー 」によって発明された治療法。

カイロプラクティックの命名の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する新しく作られた言葉です。

WHOでは補完代替医療として位置づけています。

発祥国のアメリカや、カナダ、オーストラリア、EU諸国などの一部の国においてはおもに背骨・骨盤の障害を扱う筋肉、骨格健康管理の専門職として法制化されています。

世界保健機関WHOの定義では「筋骨格系障害とそれがおよぼす健康全般への影響を診断・治療・予防する専門家である。

治療は、手によって行われるアジャストもしくは脊椎マニピュレーションを特色として、脊椎の小さなズレに注目している」。

但しカイロプラクティック(背骨矯正療法)の定義は、様々な協会や教育機関によって異なるケースも多くみられます。

また、苦痛の要因が背骨などの椎骨の構造的、機能的な歪み(サブラクセーション)にあると考え、そのズレ(サブラクセーション)手技や矯正器具により矯正することで痛みを治療するうことが「カイロプラクティック」 Chiropractic と解釈する人がいます。


カイロプラクティックと骨盤矯正

ブログ ブログ カイロプラクティック



バリウムで作った便のようなものを排せつする検査を受けた際に収集したデータを分析した。 直腸と肛門が便をより出しやすい位置関係になる上、肛門を締め付ける筋肉が緩むためとみられる。 ただし『考える人』のように片手にあごを乗せても効果は上がらない」と指摘する。 さらに、肛門を締め付ける「括約筋」などもより緩んだ状態だったことから、チームは「『考える人』の姿勢は背筋を伸ばすより排便しやすい」と結論付けた。 検査中のX線写真を詳細に解析すると、「考える人」の姿勢では、直腸と肛門のつながり具合がより真っすぐになり、便が出やすくなっていた。 著名なフランスの彫刻家ロダン(1840~1917年)の彫刻「考える人」のように前傾姿勢を取ると、洋式トイレでは排便しやすくなるという研究結果を、大腸や肛門が専門の高野病院(熊本市)の医師らのチームがイタリアの医学誌で発表した。 チームは、高野部長が留学した米国の病院で、便秘など排便の困難を訴えて受診した男女約50人を対象に研究を実施。 リハビリテーションを行う理学療法士が医療現場で排便指導してきたことを初めて実証したといい、同病院の高野正太・大腸肛門機能科部長は「便秘で悩んでいる人は、まず『考える人』のポーズを試してみてほしい。 その結果、背筋を伸ばした真っすぐな姿勢では便を排せつできなかった22人(平均56歳)に対し、ロダンの「考える人」のように、肘を膝につける前傾姿勢を取らせたところ、11人が完全に排せつできた。
「レアメタル」は、日本独自の用語であり、海外では「マイナーメタル」と呼ばれる。 レアメタルは非鉄金属全体を呼ぶ場合もあるが、狭義では、鉄、銅、亜鉛、アルミニウム等のベースメタル(コモンメタルやメジャーメタルとも呼ばれる)や金、銀などの貴金属以外で、産業に利用されている非鉄金属を指す。 レアメタル、希少金属(きしょうきんぞく)は非鉄金属のうち、様々な理由から産業界での流通量・使用量が少なく希少な金属のこと。 海洋研究開発機構と高知大は9日、東京・南鳥島付近の水深5500メートルを超える海底にレアメタルやレアアースを含む「コバルトリッチクラスト」が広がっているのを確認したと発表した。 3000メートルより深い海底でコバルトリッチクラストの分布が確認されたのは初めてで、推定資源量も大幅に増えると期待されるという。
市は原発事故直後の2011(平成23)年3月、備蓄していたヨウ素剤計25万7700錠を40歳未満の全市民に配った。 同12月の期限切れに伴い、新しいヨウ素剤計23万8704錠を配布。 市は「服用すると、副作用が懸念される」とし、回収への協力を呼び掛けている。 放射性同位体の崩壊を利用し放射線医学試薬として、または安定同位体を利用して原子力災害時の放射線障害予防薬や造影剤の原料として用いられるほか、強い殺菌力を利用し消毒薬、農薬などに用いられる。 東京電力福島第1原発事故後、甲状腺被ばくを抑える「安定ヨウ素剤」を市民に事前配布しているいわき市で、3年間の使用期限を過ぎたヨウ素剤の回収率が約14.2%にとどまっていることが5日、分かった。 ヨウ素剤(ヨウそざい、英: Iodine tablet)は、ヨウ化ナトリウムやヨウ化カリウムの製剤として内服用丸薬、シロップ薬、飽和溶液 (saturated solution of potassium iodide: SSKI)、粉末状の塩等として製剤される他、アルコール溶液やポリビニルピロリドンとの錯体として製剤される。 昨年1月に再び更新時期となり、40歳以上の希望者を含む市民に計24万1617錠(使用期限17年11月)を配布した。
したがって、キャリアのうち5%が慢性肝疾患になる。 ヒトの口腔内にも存在し、う蝕(虫歯)の原因菌のひとつである。 S. mutansやS. sobrinusなどがあるが、それら全てが虫歯菌と考えられていた。 そのうち10%が肝炎発症となり、慢性肝炎、肝硬変、肝細胞癌に進行する。 虫歯の原因菌として知られる虫歯菌の一種が脳内で炎症を引き起こし、脳出血の発症に関与していると国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)などが5日発表した。 しかし、95%は自然治癒する。 ジェノタイプAのB型肝炎ウイルスに感染した場合、その10%前後が持続感染状態(キャリア化)に陥る。  研究グループは、国循に入院した脳卒中患者100人から唾液を採取し、中に含まれる虫歯菌を培養した。 近年、日本ではあまり見られなかったジェノタイプA(北米、欧州、アフリカ中部に多く分布する)のB型肝炎ウイルス感染が広がりつつある。 B型肝炎(Bがたかんえん、英: Hepatitis B)とは、B型肝炎ウイルス (HBV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。 磁気共鳴画像装置(MRI)で確認できる微小な脳出血の跡も多かったという。 1924年にJ. K. Clarkeによって発見された。 しかし、DNAによる同定法などが確立してきたために、それらが別の菌であることが分かった。 国循の殿村修一医師は「病原性の高い細菌を選んでなくす方法を確立できれば、脳出血の予防につながる可能性がある」と話している。 なお虫歯菌とは、現在Streptococcus mutansのことを主に指すが、過去にはミュータンス群のことを指していた時代がある。 論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。 本来、日本に多いジェノタイプCのB型肝炎ウイルスは、成人してからの感染では、キャリア化することはまれであったことから、ジェノタイプAのB型肝炎ウイルス感染の拡大には、警戒が必要である。 虫歯菌は最初からヒトの口腔内に存在しているのではなく、口移しや食器の共有などによって、感染者の唾液が口に入ることによって感染する。 虫歯菌の別名でも有名。 日本においてB型肝炎ウイルス保有者(キャリア)は、150万人程度といわれている。 このうち、コラーゲンと結合して止血作用を阻害する性質を持つ「cnm遺伝子保有株」が検出された患者は、脳出血の発症可能性が他の患者の約4倍あった。 虫歯菌(ミュータンスきん、学名:Streptococcus mutans)とは、グラム陽性で通性嫌気性の連鎖球菌の一種のことである。
巨大IT企業が立場を利用して、自社に有利な取引条件などを強要している場合には、独占禁止法違反として公取委が摘発する可能性もある。 調査は今月下旬から4月上旬まで、音楽や電子書籍を配信するネット関連企業やゲーム開発会社など国内20~30社を対象に実態を聞き取る。 国内のレコード会社や出版社などのコンテンツ事業者が、グーグルやアップル、アマゾンなどインターネット取引の場を提供している巨大IT企業から不当な扱いを受けていないかどうかを把握するため、公正取引委員会と経済産業省が共同調査に乗り出す方針を固めた。 結果を踏まえ、法整備などの政策に反映させる考えだ。 また、経産省はネット事業に取り組むコンテンツ企業や小売業者などから情報提供を受け付ける窓口をネット上に開く。






カイロプラクティック

カイロプラクティック(背骨矯正法)は1895年米国(アメリカ)の「ダニエル・デビッド・パーマー」によって開発された施術法です。

カイロプラクティックのと呼ばれるようになったのは、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する造語です。

WHO世界保健機関では補完代替医療として位置づけています。

発明国の米国や、カナダ、オーストラリア、EU諸国などの一部の国(およそ40か国)では、主に筋・骨格系の障害を取り扱う筋肉系、骨格系専門職として法制化されている国もあります。

(WHO)世界保健機関の定義では、「筋骨格系の障害とそれが与える健康への影響を診断、治療、予防する専門家です。

治療としては、手技による関節アジャストあるいは骨格マニピュレーションを特徴として脊椎の少しの歪みに注目している」。

ただし「カイロプラクティック」の定義は、様々な協会や教育機関で異なる場合も多い。

また、疾病の要因が背骨などの椎骨の構造的、機能的なズレ(サブラクセーション)だと考え、そしてそのズレ(サブラクセーション)を手や器具正しい位置に矯正することで痛みを治療するうことがカイロプラクティック(背骨矯正術)と考えている人々がいます。






整体 .
整体 .
整体 .
整体 .
整体 .
整体 .
慢性頭痛と骨盤矯正 .

骨格矯正と手技療法



 現在は、最初に揺れをとらえた観測点のデータを主に利用して、震源や地震の規模を推定し、各地の震度を予測する。 2014年度の的中率は83%だったが、大震災が起き、余震が続いた10~11年度は28~56%と低かった。 こうした弱点を補う高精度化事業は2段階で進める。 従来の震度予測手法を大幅に改良するとともに新手法も導入し、併用することで、予測した震度と実測の誤差が1以内に収まる「的中率」が85%以上となる精度を目指す。 第1段階は、従来の予測手法の改良だ。 気象庁は今春にも緊急地震速報の高精度化事業を始める。 だが、ほぼ同時に二つの地震が発生すると、震源が一つの大きな地震と誤認し、予測が過大になる傾向がある。  現在の予測システムは、東日本大震災のような巨大地震や、ほぼ同時に二つの地震が発生した場合などに精度が低下しやすい。
 クーパー教授は、世界中のコンピューターをつなげて素数を探すプロジェクト「GIMPS」のメンバー。 3で始まり1で終わる2233万8618桁の数字だ「2●(●はn乗)-1(2をn乗して1を引いた数)」で表される「メルセンヌ数」から素数を見つける方法で素数探しを続けている。 これまでの最大は、2013年にクーパー教授が見つけたn=57885161(1742万5170桁)。 素数は電子商取引などで使われる暗号に応用されている。 今回はn=74207281が素数であることを約800台のコンピューターを駆使した計算で突き止めたという。 大きな素数の発見は、より解読が困難な暗号の作製につながり、コンピューターによる計算技術の向上にも役立つと期待される。 素数は無限に存在することが証明されているが、どのように出現するかは現在もわかっていない。 稼働させていた計算プログラムは、昨年9月17日に新たな素数を見つけていたが、関係者が発見に気付いたのは今年1月7日だったという。









カイロプラクティック(背骨矯正法)は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック 「Chiropractic」 の他にも「オステオパシー」スポンディロセラピ-などの脊椎矯正術があります。

米国(アメリカ)治療家ダニエル・デビッド・パーマー(1845~1913) が発明された。

病態は神経系の機能障害により起きるとの理論に基づき、身体、主に椎骨指圧によって神経系機能の回復を目指した治療です。

手技療法(カイロプラクティック・整体)と背骨矯正

ブログ ブログ カイロプラクティック



今年8月5日から夏季五輪の開催を控えているブラジルにとっては、憂慮すべき事態だ。 そのためWHOは、「ジカウイルスは今後も広がり続け、両大陸の中でネッタイシマカが生息するあらゆる国と地域に到達する可能性が高い」と警鐘を鳴らしている。 同国での小頭症の症例はかつて年間160件程度だったが、北東部での急増が指摘され始めた昨年10月以降、すでに3893例が報告されている。 ■性感染の可能性も?ブラジルを中心とした中南米で感染例が急増していることを受けて、米国など一部の国の政府は妊娠中の女性に対し、同域への渡航を自粛するよう勧告を出した。 その一方で、血液感染する恐れもあり、ヒトの精液からも検出されている上、「性交渉によりヒトからヒトへ感染した可能性を示す事例も1件ある」と述べている。 またジカウイルスは、デング熱やチクングンヤ熱のウイルスも媒介する蚊の一種「ネッタイシマカ」を通じて感染が広がるが、WHOはこの種が米大陸のうちカナダとチリを除く全域に生息していることを強調している。 妊婦が感染すると、胎児に頭部が異常に小さくなる小頭症という病気をもたらす可能性が指摘されているが、その因果関係はまだ立証されていない。 コロンビア、エクアドル、エルサルバドル、ジャマイカの4か国は、自国の女性らに対し、妊娠自体避けるよう呼び掛けている。 これについてはブラジルでも、保健当局者の中には賛意を示す者もいるものの、国の公式見解としては女性たちに蚊に刺されないよう注意を喚起するにとどまっている。 WHOの声明によると、このウイルスは米大陸の55か国・地域のうち21ですでに存在している。 ジカウイルスは、感染しても大半の人はインフルエンザのような症状を短期間にわたり経験するのみで終わる。  米大陸ではこれまでジカ熱流行の経験がなく、昨年5月にブラジルで確認されるまでは人々のウイルスに対する免疫がなかったことも、ウイルスの急速な拡散の原因になったとされる。  WHOは、ジカウイルスがネッタイシマカによって媒介されていることは確認されているが、その他の感染経路を示す証拠は限られているとしている。
 クーパー教授は、世界中のコンピューターをつなげて素数を探すプロジェクト「GIMPS」のメンバー。 3で始まり1で終わる2233万8618桁の数字だ「2●(●はn乗)-1(2をn乗して1を引いた数)」で表される「メルセンヌ数」から素数を見つける方法で素数探しを続けている。 これまでの最大は、2013年にクーパー教授が見つけたn=57885161(1742万5170桁)。 素数は電子商取引などで使われる暗号に応用されている。 今回はn=74207281が素数であることを約800台のコンピューターを駆使した計算で突き止めたという。 大きな素数の発見は、より解読が困難な暗号の作製につながり、コンピューターによる計算技術の向上にも役立つと期待される。 素数は無限に存在することが証明されているが、どのように出現するかは現在もわかっていない。 稼働させていた計算プログラムは、昨年9月17日に新たな素数を見つけていたが、関係者が発見に気付いたのは今年1月7日だったという。
兵庫県立大西はりま天文台(同県佐用町西河内)で21日、世界最大の公開望遠鏡「なゆた」の口径2メートルの主鏡(反射鏡)が、補修に伴い7年ぶりに搬出された。 宇宙を観測し続けたことで、大気中の汚れなどが表面に付着したため。 反射率は60%台から約90%に回復する見込みという。 作業を見守った同天文台の研究員は「とにかく無事に、元通りになって戻ってきてほしい」と話していた。 3月上旬にはメンテナンスを終え、再び鮮明な星空を映し出す予定。 同天文台では厚さ最大20センチ、重さ約1トンもの主鏡をはじめ、なゆたを構成する3種類の反射鏡を4日かけて慎重に搬出。  なゆたは、一般の人たちが観測可能な望遠鏡としては、世界一の大きさを誇る。 2004年に設置され、08年12月~09年3月には、初めての補修作業が欧州で行われた。 今回は茨城県の工場に搬送し、表面のアルミニウム膜を張り直す「再蒸着(さいじょうちゃく)」を施す。


2~3週間の潜伏期間後、耳の下が腫れ、発熱する。 1か所当たりの患者数が多い都道府県は、佐賀(5人)、宮崎(4・23人)、石川(3・31人)で、各県とも流行注意報を発令した。 通常は1~2週間で治るが、無菌性髄膜炎や脳炎などを引き起こすことがあり、0・1~1%の確率で難聴になる。 感染研感染症疫学センターの砂川富正・第二室長は「おたふく風邪の流行は4~5年周期で起こる傾向があり、今年は流行する可能性がある。  おたふく風邪はムンプスウイルスの感染で起きる。 1か所あたり1・0人を超えるのは、2011年7月以来。 ワクチンを接種して予防することも重要だ」と話している。 おたふく風邪(流行性耳下腺炎)が今年に入り、4年半ぶりに全国的な流行の兆しを見せていることが、国立感染症研究所のまとめでわかった。  まとめによると、今月4~10日に、全国約3000の小児科から報告のあった患者数は3771人で、1か所当たり1・2人となった。



「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック 「Chiropractic」 以外にもオステオパシー・スポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。

アメリカの治療師ダニエル・デビッド・パーマー が創られた。

疾病は神経系の機能障害によって発生するとの考え方に基づき、体、特に脊椎関節の指圧によって神経系の機能の回復を目指した治療なのです。





整体 .
整体 .
整体 .
整体 .
整体 .
姿勢 .
筋緊張型頭痛とカイロプラクティック .

骨格矯正とカイロプラクティック・整体



2014年度の的中率は83%だったが、大震災が起き、余震が続いた10~11年度は28~56%と低かった。  こうした弱点を補う高精度化事業は2段階で進める。 気象庁は今春にも緊急地震速報の高精度化事業を始める。  現在の予測システムは、東日本大震災のような巨大地震や、ほぼ同時に二つの地震が発生した場合などに精度が低下しやすい。 だが、ほぼ同時に二つの地震が発生すると、震源が一つの大きな地震と誤認し、予測が過大になる傾向がある。 従来の震度予測手法を大幅に改良するとともに新手法も導入し、併用することで、予測した震度と実測の誤差が1以内に収まる「的中率」が85%以上となる精度を目指す。 第1段階は、従来の予測手法の改良だ。 現在は、最初に揺れをとらえた観測点のデータを主に利用して、震源や地震の規模を推定し、各地の震度を予測する。
 これまでの最大は、2013年にクーパー教授が見つけたn=57885161(1742万5170桁)。 素数は無限に存在することが証明されているが、どのように出現するかは現在もわかっていない。 大きな素数の発見は、より解読が困難な暗号の作製につながり、コンピューターによる計算技術の向上にも役立つと期待される。 今回はn=74207281が素数であることを約800台のコンピューターを駆使した計算で突き止めたという。 素数は電子商取引などで使われる暗号に応用されている「2●(●はn乗)-1(2をn乗して1を引いた数)」で表される「メルセンヌ数」から素数を見つける方法で素数探しを続けている。 稼働させていた計算プログラムは、昨年9月17日に新たな素数を見つけていたが、関係者が発見に気付いたのは今年1月7日だったという。 クーパー教授は、世界中のコンピューターをつなげて素数を探すプロジェクト「GIMPS」のメンバー。 3で始まり1で終わる2233万8618桁の数字だ。
 。 感染が多い地域では継続される見通し。 60年の祖父母世代と比べると、座高より身長の伸び率が高く、足は長くなったという。 中学2年以上の子供は身長に占める足の長さの割合が30年前と比べ小さく、親世代より胴長体形であることが22日、文部科学省の学校保健統計調査で分かった。 平均身長も0.4~2.6センチ伸びたが、年齢が上がるほど差が縮まり、身長から座高を引いた足の長さの割合は、高3男子が身長の46%で85年より0.7ポイント低くなるなど、中2以上の男女全てで胴長傾向となった。 長年ほぼ検出のない状況が続き、省略が決まった。 調査では、幼稚園年長~高3の13学年の座高平均を1985年と比較。 小3以上では親世代より0.1~1.5センチ高くなっていた。 寄生虫の卵の有無を調べるぎょう虫検査も廃止される。 座高測定は内臓の発育確認などの目的で37年に始まった。 衛生環境の改善で感染が激減し、今年の検出率は小学校で0.12%、幼稚園で0.06%。 約80年続いてきた座高測定は、来年度の学校健康診断から廃止される。 子供の健康管理との関係が分かりにくく、測定の手間もかかるなどの声が学校現場から上がり、文科省は2014年4月に学校保健安全法を改正し、健診の義務項目から外した。


一方、生存率が30%未満の膵の症例数は895。 この10年相対生存率は、全がん協に加盟する16施設で1999年から2002年にかけて診断治療した3万5287症例が対象。 病期ごとでは、I期が29.6%でII期が11.2%、III期が3.1%、IV期が0.9%だった。 全がん協は、これまで5年相対生存率を算出してきたが、加盟施設のデータが出そろったことなどから、10年相対生存率の公表に踏み切った。 生存率が90%以上だったのは、甲状腺で90.9%だった一方、30%未満だったのは食道(29.7%)、胆のう胆道(19.7%)、肝(15.3%)、膵(4.9%)などだった。 全臨床病期の生存率は90.9%。 今回の10年相対生存率は、データ提出施設が限られているため、施設別の生存率は公表していない。 10年相対生存率が90%以上の甲状腺の症例数は505。 これにより、がんを長い経過でとらえることができる」と話している。 国立がん研究センター(国がん、堀田知光理事長)は20日、全国がん(成人病)センター協議会(全がん協、堀田会長)の協力を得て初めて集計したすべてのがんの全臨床病期の10年相対生存率が58.2%だったと発表した。 KapWebの開発者である千葉県がんセンター研究所の三上春夫所長は、10年相対生存率を算出する意義について、「がんという病気は、5年や10年で終わるものではなく、私たちは長い経過の一部を切り取って評価をしている。 病期ごとの生存率はI・II期が100%で、III期が94.2%、IV期が52.8%だった。 データ精度を高めるために良性腫瘍や上皮内がんなどを除き、自施設診断自施設治療と他施設診断自施設治療を解析し、診断のみの症例を外した。 全臨床病期の生存率は4.9%。



カイロプラクティック(脊椎矯正法)は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(背骨矯正法)の他にオステオパシー (Osteopathy)・スポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

米国(アメリカ)の治療師「ダニエル・デビッド・パーマー」 が開発された。

疾病は神経系の機能障害から起きるとの理論に基づき、肉体、主に脊柱の指圧により神経系の機能回復を目指した治療方法です。

手技療法と脊椎矯正

ブログ ブログ カイロプラクティック



すなわち、シュクレリ氏がダラプリムの薬価を一挙に55倍以上も上げたことは、不道徳ではあっても、政府が薬価を規制する日本を含む多くの他の国と違い、米国では全く合法なのです。 これは妊婦が感染すると死産や流産を、あるいは免疫力が低下しているエイズ患者や一部のがん患者などが感染すると重篤な脳症から場合によっては死に至るというトキソプラズマ症や、高熱や頭痛を引き起こす感染症であるマラリアの治療薬として利用されています。 そうした実態があるからこそ、ライシュ教授の指摘に多くの人が共感するのです。 しかし、米国の製薬会社は、シュクレリ氏のように薬価を一気に55倍は上げていなくても、がんや高コレステロール血症、糖尿病などの薬価を毎年10%以上も上げています。  1つ目は、米国の高齢者および障害者向けの公的医療保険制度であるメディケアによって、アメリカ食品医薬品局(FDA)で承認されたすべての抗がん剤の治療費を公的保険でカバーしなければならなくなったことに起因します。 2つ目は、米国では政府が薬価について製薬会社を規制できないことになりました。 その事件が契機となり、再び米国で薬価高騰の問題に関心が集まっているのです。 これに対し、製薬会社やバイオ企業などの業界団体である「米国研究製薬工業協会」(Pharmaceutical Research and Manufacturers of America:PhRMA)は、シュクレリ氏は薬の開発をしているわけではなく、古い薬の製造販売権を買収して薬価を上げただけで、製薬会社ではなく投資家である、と反論しています。  昨年9月、その薬剤に関するニュースが全米の注目を集めました。 米製薬会社「チューリング医薬品(Turing Pharmaceuticals)」の32歳のCEO(最高経営責任者)マーチン・シュクレリ氏が同年8月、ダラプリムの製造販売権を買収し、なんと、一晩で薬価を1錠13.50ドル(約1620円)から750ドル(約9万円)へ、実に55倍以上も引き上げたのです。 米メディアはシュクレリ氏を「米国で最も嫌われる男」と呼んだほどでした。 ところが、元々がヘッジファンドマネージャーであったシュクレリ氏は、人々の注目を浴びたがる究極のナルシストとも言われ、傲慢な態度でテレビに出演したりソーシャルメディアに情報を発信したことで、皮肉にも、連邦捜査局(FBI)や証券取引委員会(SEC)の調査のターゲットになりました。 つまり、製薬会社にとっては薬剤の販売チャンスが飛躍的に増大することになりました。 それだけに、シュクレリ氏の事件後、専門家や識者らは製薬会社への批判を強めました。 たとえば、『ニューズウィーク』誌によると、クリントン政権時の労働長官で、現カリフォルニア大学バークレー校公共政策大学院教授のロバート・ライシュ氏は、「シュクレリ氏のやったこと(薬価の大幅値上げ)は、巨大製薬会社がずっとやってきたことだ」と指摘しています。 しかも、ほとんどの州の民間保険会社も、メディケアに準拠します。 通称「ダラプリム」と呼ばれる、62年前に開発された薬剤をご存じでしょうか。 つまり、製薬会社が自由に薬価を設定できるのです。 【Drug Goes From $13.50 a Tablet to $750, Overnight,The New York Times,Sept.20】【Reviled drug CEO Martin Shkreli arrested,CNN money,Dec.17】■製薬会社が自由に薬価を吊り上げ 2003年、米国の連邦法として定められた法律「メディケア処方薬剤改善、近代化法」は、製薬会社に2つの大きな利益をもたらしました。  この2点によって、製薬会社が、古い薬でも新しい薬でも価格を思うままコントロールできる環境が生み出されました。 その結果、昨年末の12月17日、彼が以前所有していた会社が「ポンジ・スキーム」と呼ばれる投資詐欺を行っていた容疑で逮捕されました。
一度打ち上げたロケットを再び発射し、着陸させたのは初めてと発表した。 米民間宇宙企業「ブルーオリジン」は22日、昨年11月の打ち上げ後に地上へ軟着陸させたロケットを再びテキサス州から打ち上げ、地上に再度着陸させた。 ロケットを再利用できるようになり、打ち上げ費用の大幅な削減につながる。 宇宙船部分もパラシュートで地上へ帰還した。 ロケットは宇宙船部分を高度100キロ余りまで打ち上げた後、エンジン噴射で姿勢を制御しながら地上へ垂直で軟着陸した。  ブルーオリジンは、米ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏が創業した。 ロケットを点検し、点火装置などを交換、ソフトウエアにも改善を施して再利用が実現した。  米民間宇宙企業「スペースX」も昨年12月にフロリダ州から発射したロケットを地上へ軟着陸させているが、まだ再利用はしていない。
 。 感染が多い地域では継続される見通し。 60年の祖父母世代と比べると、座高より身長の伸び率が高く、足は長くなったという。 中学2年以上の子供は身長に占める足の長さの割合が30年前と比べ小さく、親世代より胴長体形であることが22日、文部科学省の学校保健統計調査で分かった。 平均身長も0.4~2.6センチ伸びたが、年齢が上がるほど差が縮まり、身長から座高を引いた足の長さの割合は、高3男子が身長の46%で85年より0.7ポイント低くなるなど、中2以上の男女全てで胴長傾向となった。 長年ほぼ検出のない状況が続き、省略が決まった。 調査では、幼稚園年長~高3の13学年の座高平均を1985年と比較。 小3以上では親世代より0.1~1.5センチ高くなっていた。 寄生虫の卵の有無を調べるぎょう虫検査も廃止される。 座高測定は内臓の発育確認などの目的で37年に始まった。 衛生環境の改善で感染が激減し、今年の検出率は小学校で0.12%、幼稚園で0.06%。 約80年続いてきた座高測定は、来年度の学校健康診断から廃止される。 子供の健康管理との関係が分かりにくく、測定の手間もかかるなどの声が学校現場から上がり、文科省は2014年4月に学校保健安全法を改正し、健診の義務項目から外した。
20歳未満が全体の9割強を占めた。 発症した時期は9月に集中していた。 原因不明のまひを起こす子どもが昨年夏から相次いだ問題で、国立感染症研究所(感染研)は19日、実態調査の最新情報を明らかにした。 まひが出た患者の報告は昨年10月時点では47人だった。 昨年8月から12月3日までに報告された患者は、大人も含めて26都府県の男女66人としている。 性別は男性35人、女性30人、不明1人。 感染研によると、12月3日現在の患者66人のうち6歳以下は41人。  原因不明のまひは、発熱やせきなどの症状が出た後に起き、一部の患者から「エンテロウイルスD68」が検出されている。
 厚労省のHPは昨年11月にも外部から大量のデータを送りつけられるサイバー攻撃を受け、閲覧できない状態になった。 厚労省は警視庁公安部に連絡するとともに、調査をしている。 このときもアノニマスのものとみられるツイッターに攻撃を示唆する投稿があった。  厚労省によると、25日午後9時半過ぎから、大量のデータを送り付けてサービス不能にする「DDoS攻撃」を受けたとみられる。 同日午後10時20分ごろ、国際的なハッカー集団アノニマスのものとみられるツイッターに、厚労省に対するサイバー攻撃を示唆する投稿があったという。 厚生労働省のホームページ(HP)が25日夜から閲覧できなくなっていた問題で、HPが26日午後0時50分ごろ、約15時間ぶりに復旧した。



カイロプラクティック(脊椎矯正療法)は脊椎矯正術の一つです。

「カイロプラクティック」 (Chiropractic) の他にオステオパシー (Osteopathy)・スポンディロセラピ-などの脊椎矯正術があります。

米国の治療師「ダニエル・デビッド・パーマー」 が開発された。

病変神経機能障害で発生するとの考えに基づき、、特に脊椎関節の矯正により神経機能回復を目的とした治療です。





カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック