鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」豕・ 鬪ィ逶、繧呈紛縺医k

浜松市西区、骨盤矯正、整体

【2ch面白いスレ】笑えるコピペ?コメント50連発!視聴者のみなさんの爆笑 ほっこり 悲しい 痛い体験を紹介します【ゆっくり解説】

【ひろゆき】行動力について語るひろゆきまとめ【ひろゆき 行動力】

【2ch面白いスレ】経済大国アメリカの暮らしが辛すぎるんだがww【ゆっくり解説】

創聖のアクエリオン OP 創聖のアクエリオン AI 4K (MAD) (思い出シリーズ)

【ゆっくり解説】コスパ超最悪‼︎大手企業のぼったくり商品

【寄生虫大丈夫なの?】泳いでいた、ワタリガニを刺身で食べる方法はこちら!特殊な調理法。

【爆喰い】

整体と骨盤矯正

「骨盤矯正」

最近では骨盤矯正という言葉をネットや週刊誌で見ることが増えてきました。

骨盤矯正」はどのようなものなのか分かっている方は多くない。

「骨盤矯正」はなんなのか解説していきます。

骨盤矯正のことを理解し間違いのない骨盤矯正を受けることができるようになります。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は一対の腸骨(ちょうこつ)とその中間にある仙骨、それに仙骨の先につながる尾骨からなっています。

外科などの病院の治療は一般に骨盤の施術はなされません。

なぜか?一般の病院では「骨盤」は歪まないと考えられていて、骨盤が普段の生活でズレてその歪みが身体機能の不調の原因になることはありえないと考えているからです。

(だがしかし一部の病院で骨盤の修正を独自のやり方で行っている病院もわずかにある)。

例外として、交通事故や高い所から落下したときのように強烈な負荷が「骨盤」にくわわり骨盤の関節が大きく歪んだ時(骨盤の関節の捻挫、脱臼みたいなこと)、元の状態に戻す為に「骨盤」を修正することがある。

この場合は、手術のようなかたちで骨盤の施術をすることが多いようです。

また婦人科では、出産後に「骨盤」の関節の歪みを調整するように「骨盤」を締め付けて固定するベルトのような装具をすすめる病院があります。

 

骨盤はズレるのか?

病院などの一般の医療では骨盤は歪まないとされていて整体などの手技療法では骨盤は歪むと考えていてどっちが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそのような考え方の違いがでるのかを説明していきます。

まずは、整体で言うところの骨盤がズレると言うのは、病院などでいう「骨盤」の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲンなどの画像でわかるようなひどいズレは扱うことはありません。

病院では?

病院などの医療ではレントゲン写真などの画像診断で見ることのできないくらいの歪みは痛みなどの身体の不調の原因になることはないと考えているのです。

他にも骨盤の可動性は少しで例外的なのは出産するときに動くくらい。

中年くらいになると腸骨と仙骨はくっついてしまうため骨盤は通常動きが無いと考えらているようです。

整体では?

整体などでおこなわれている骨盤矯正では、普段の施術で骨盤のわずかなひずみを修正したことで患者の症状が解消されるのを経験しています。

事実骨盤の関節の周りには筋肉、神経、靱帯などがあって少しの歪みでも神経、筋肉、靱帯、を刺激します。

レントゲンやMRIなどの画像診断でズレが認められない場合でも骨盤が歪んでいて、その骨盤を修正する必要があると「整体」で考えるのはこのためです。

痛みの原因は骨盤の歪み

歪んだ骨盤は、様々な痛みなどを肉体に出現させます。

骨盤がひずむと骨盤に乗る背骨が歪みます。

脊椎がズレると背骨の中を通っている血管や神経、身体を保筋肉や靱帯、全身に酸素や栄養を送る血管に大きな負担がかかりこれらは、どれも体にとってすごく重要なものでどれか一つが侵されても身体に障害が起こります。

骨盤の歪みが原因の神経圧迫

脊椎が湾曲すると脊椎より出ている神経機能が狂います。

内臓の障害や運動器官の障害など肉体の様々な部分が神経で操られているのですべての身体の障害に関連してきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担

ズレた体は、関節、筋肉の緊張、靱帯に異常な負荷がかかる為、慢性の凝りや痛みなどの要因になったり、運動機能の低下などももたらします。

体が歪むことによる血行不良

体の歪みによって血管などを圧迫すつことで、血管圧迫にる「むくみ」や「冷え」などの原因になります。

整体でおこなう骨盤矯正

手技療法による「整体」の「骨盤矯正」では多くの場合手技によっておこなわれます。

矯正器具や矯正ベッドを使用する場合もあるようではあるが、一般的には手技で行います。

また、骨盤ベルトのような骨盤を締め付けるような器具ももちいる場合もあるみたいです。

一般に矯正の痛みは伴わないのが普通のようですが、その中にはとても強い力で無理に治療を、もちいる整体師もいます。

普通の骨盤の場合は、「骨盤」の仙腸関節の可動性は非常に狭く大きく動くことはない。

この少ない動きを調整により動かすので、普通は大きな力を用いることはないのです。

整体で行う骨盤矯正

骨盤の仙骨と腸骨の関節は靱帯や筋肉で強く繋がっていますが、靱帯や筋肉などの柔らかさの許す範囲でしか骨盤の仙骨と腸骨の関節は可動することはできないのです。

「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、雑誌、ネット、テレビなどで見ますが、騙されないように。

骨盤にどれだけ力を加えても見た目で分かるだけの動きはしません。

こんな広告をする整体は、骨盤の上に乗っかるなどして強い力を加えて調整します。

すごく大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと考える人達もいるようですが、見た目で分かるほど動いたときは骨盤の仙腸関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまうため、靱帯や筋肉を壊してしまいます。

治療前と治療後で変わったと感じる方達もいるようですが、気のせいのようなもので変ったような感じがしているだけです。

骨盤の関節に損傷がなければ「骨盤」が目に見えて違いが自覚できるほど動いていることはない。

逆に見た目で違いが分かるほど骨盤が動いたのであれば、腸骨と仙骨の間の関節の靱帯や筋肉は傷めているはずであり、仙腸関節の痛みが出現するはずです。

出産後の骨盤矯正

例外として骨盤が、通常以上に動く場合がある。

それは出産時です。

出産時は、ホルモンによって骨盤の関節が緩み「骨盤」が、広がるように可動しやすくなっていきます。

出産時には恥骨間が2㎝くらい開きますが、出産の時以外では骨盤の関節はこのような柔軟性は無い。

出産時でも決して大きく広がらない「骨盤」が、外見で分かるほど矯正で大きく可動することは無い。

歯列矯正のように数年間にわたって常に力を加えるようなコルセットなどを使用すれば少しずつですが矯正していく事は可能でよしょうが現実的に無理だと思います。

骨盤矯正をしてみよう!

整体でおこなわれている骨盤矯正は体形を変えるものでなく肉体をバランスの整った理想的な状態に正すことが目的です。

骨盤の仙腸関節は、小さなひずみでも痛みなどを発することがあるし、骨盤の微妙な歪みが身体全体をひずませ健康などに影響を与えます。

「骨盤」を治して身体をバランスがとれた理想の状態に戻すことで健康を保ち凝りや痛みを解消します。

もしも骨盤が曲がっているとおもったら「骨盤矯正」を受けてみるのもいいと思います。

骨盤は肉体の土台です。

「骨盤」が歪めば脊椎が傾きます。

健康な体は正しい姿勢かた¥ら!「整体」の治療はとっても効果的な手助けになります。

浜松市東区、骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。