繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縺ィ閭碁ェィ縺ョ豁ェ縺ソ縺ョ遏ッ豁」

浜松市西区、背骨の矯正、カイロプラクティック

カイロプラクティックと背骨矯正

背骨の歪みを矯正する

「背骨」の歪みを修正したいと考えたことはないですか?最近背骨が、ズレていると言われた。

肩凝りや腰痛で辛い思いをしているのは背骨の湾曲が根本の原因なのかもしれない。

見た目の印象を良くしたい。

多くの方達がいろいろな「背骨」の歪みのことで悩まされています。

背骨のズレで辛い思いをしているにも関わらず、背骨のズレを改善したいという人は数少ない。

ネットや雑誌を参考にして自分で「背骨」のズレを調整しようと頑張ったけどよくなたなかった。

真向法やヨガなどに行ってみたけど背骨の曲がりが治らない。

スポーツジムでで筋力トレーニングしながら背骨の湾曲の矯正を試してみても治らない。

整体に通院しても良くならないなど、背骨の歪みを治療しようとしても改善できる方が多くないのが現実です。

「背骨」の曲がりを本当に矯正しようと思ったら正しい手段で背骨の湾曲を矯正する必要がある。

効果的な背骨の湾曲の調整法を理解していることが背骨の歪みを修正する一歩になります。

悪い背骨の歪みとは?

背骨は首の湾曲が前方にカーブ、肋骨部分の背骨が後方にカーブ、腰の骨が前方に湾曲になるのが正常な状態で、「背骨」が背中の方に丸く突出する「猫背」や身体を反らして背筋をを真っ直ぐにした背骨の湾曲は、理想的な「背骨」の歪みにはほど遠い悪い背骨の湾曲です。

背中が丸くなる猫背のような「背骨」の曲がりは一目見て悪い「背骨」の状態だとわかる。

だがしかし、体を反らして背骨が真っ直ぐに伸びた背骨の状態は、なんとなく良い背骨のカーブのように見えるのですが、生理学的には良い背骨の湾曲とはならないのです。

理想の背中の湾曲から外れた背骨の湾曲は、筋肉や靱帯に負担がかかるだけじゃなく、脊椎より出ている神経にも影響を与えます。

人間の体は、神経によってコントロールされるので、神経に影響が起こると関節や筋肉などの運動系だけでなく、内臓の機能にもとても影響しさまざまな疾患を起こします。

良くない「脊椎」のカーブは、見た目の印象だけでなく内臓の疾患など深刻な病気の要因にもなりうるので、自分が良くない「脊椎」の湾曲だと気が付いたら、なるべく早く背骨のズレを矯正をする必要があります。

正しい背骨の湾曲

背骨の生理的湾曲に関して詳し人達はたくさんいません。

良い脊椎の湾曲とは、前後の生理的な湾曲があり、横方向に曲がって無い姿勢です。

「背骨」が理想的な状態であればバランスがとれて運動の能力も上がります。

神経、筋肉、靱帯、などに負荷が少なく、内臓の機能も正常に活動するので健康などに対しても凄く効果があります。

その為、背骨の曲がっている方は背骨の歪みの修正が必要になる。

「脊椎」の曲がりは、健康だけでなく、見た目の印象にも影響します。

いい姿勢の状態は、美しく見た目の魅力をかもしだす。

美しい姿勢の状態は、誠実で美しく、信頼感があり自信があるように感じられます。

背骨のカーブの良し悪しは、人間の関係にも影響します。

これほど沢山いろいろな事に悪影響をあたえる背骨の湾曲は、悪いより、いい方が良いに決まっている。

背骨のズレを施術して、理想の姿勢の状態を手に入れよう。

背骨の歪みを治そう!

「背骨」のズレを矯正すればルックスも良くなり健康になって、良い事ばかりです。

「背骨」の歪みを治療しない理由はないでしょう。

「背骨」の曲がりを調整する手段には、どんな方法があるか知っていますか?いくつか知られている改善法を上げてみます。

柔軟などのストレッチ

身体の柔軟性を増すことによって背骨の曲がりを背骨矯正しようとするやり方は最も頻繁に用いられる手段でヨガ、ストレッチ、真向法、など色々な手段があります。

しかし、柔軟性が増したからといって良い「背骨」の状態のクセが付くわけではない。

柔軟体操の効果は、肉体の柔らかさを高めることによって理想的な「脊椎」の姿勢を取りやすくすることです。

脊椎が湾曲した状態で肉体が硬くなってしまった場合は、「背骨」をいい姿勢の状態にもっていくこと自体が苦労することがあるのです。

このようなときは、まず良い「背骨」の姿勢になることができることが、正しい背骨の状態になる一歩です。

ですから、体が硬く理想の「背骨」の姿勢になれない方達にとっては、理想の「背骨」の状態に矯正する為の効果的な一歩になる。

しかしながら、体が柔らかい時、ストレッチなどの柔軟体操自体は「背骨」の歪みの治療には意味がない。

正しい脊椎の状態になれる身体の柔らかさがあれば柔軟などの柔軟性を高めるようなトレーニングはする必要はないのです。

筋力増強

ジムでは腹筋や背筋の筋力の低下により筋力トレーニングが歪むと言い筋トレによって背骨の歪みを矯正するべきと奨めます。

筋力があったら良い「脊椎」の状態を保ちやすくなる。

しかしながら、単純に筋力があれば理想的な背骨の状態になるとはかぎりません。

筋力トレーニングで「脊椎」の曲がりが悪くなる時も多くあります。

正しい「脊椎」の位置を維持しようとすると筋肉に負担がかかり筋肉を傷めたりするため、筋力が強くなれば「脊椎」を理想の状態に保持するのも楽になり脊椎のズレが改善するというのがトレーニングで背骨のカーブを矯正する方達の理屈です。

たしかに、有効な方法で正しい筋肉の増強の仕方をすれば「背骨」の曲がりの改善にとても効果があります。

しかしながら、筋トレをしている人でも有効な方法でやらないと「背骨」の歪みが治るどころかひどくなることもあります。

どのようなときでしょうか?それらは、トレーニングをおこなっても脊椎の歪みを悪化させるような筋力トレーニングでは、「脊椎」の曲がりが改善するどころかひどくなります。

有効な背骨の曲がりの矯正のトレーニングをするようにしましょう。

カイロプラクティックを背骨矯正

「背骨」を施術する「カイロプラクティック」など治療法もあります。

「カイロプラクティック」の「脊椎」の歪みの施術は、「背骨」や骨盤(こつばん)を動かして理想の背骨の姿勢にする矯正法です。

脊椎を直接矯正するのでとっても有効なやり方ですが、基本的にこれだけでは理想的な背骨の状態にするのは無理があるでしょう。

カイロプラクティックの施術で「脊椎」を正常な場所まで調整できても理想的な「背骨」の場所のクセが付く訳ではないのです。

元々理想的な「脊椎」の位置の人が何かのきっかけでで背骨の位置がズレた場合は、脊椎に悪いクセが付く前でなければ、「カイロプラクティック」の「背骨」の曲がりの治療はとても有効で一回の治療で良い「脊椎」の状態に戻すこともあります。

効果のある背骨の歪みの矯正

「脊椎」の歪みの調整を最も有効なほうほうでおこないたいのであればストレッチ、筋力トレーニング、カイロプラクティックの施術を一緒に組み合わせておこなうのが効果的です。

前述のように、柔軟性があればストレッチは行う必要がないし筋肉があれば筋力トレーニングはする必要はない。

「カイロプラクティック」の「背骨」の歪み調整は、できるだけやってみる方がいいと思います。

まずは自らの「脊椎」の歪みがどんなふうな「背骨」の曲がりをしているかを分かる必要がある。

どのような背骨の歪みなのかを知っていなければ、どんなふうにして改善したらいいか分かりません。

またカイロプラクティック脊椎の湾曲の修正は部分的な小さな湾曲も調整することができます。

カイロプラクティックの「背骨」のカーブの治療を受けることによって背骨の湾曲の矯正は、早くスムーズに改善することがでいるのです。

だが、これだけではとても大切な事が抜けてしまっています。

背骨の曲がりの矯正にとても大切なものは何?

背骨の矯正で最も重要なものは?

いい背骨の状態を身に着けようとする時に、最も大切なのは良い背骨の姿勢を常に維持することです。

どれだけストレッチや筋力トレーニング、「カイロプラクティック」の治療を頑張ってみても常日頃から悪い姿勢をしていては、いい背骨の姿勢のクセは付きません。

少なくとも必要とされるのは、よくない姿勢でいる期間より良い脊椎の位置でいる時間の方が圧倒的に長くなる必要がある。

トレーニング、ストレッチ、カイロプラクティックの調整を受けても常日頃から良くない座り方やたい方をしていたとしたら、脊椎のズレの癖が強くなるだけでいい「背骨」の姿勢の状態にはなれない。

つまり、脊椎のズレの矯正でとても必要なのは日頃から良い背骨の姿勢の状態を保持することで、筋力トレーニング、ストレッチ、「整体」の施術は正しい「脊椎」の姿勢をキープしやすくする、又は、理想の背骨の姿勢の状態に早く近付けるための補助的な行為です。

背骨の歪みを治して健康で綺麗な身体に

正常な脊椎の姿勢の状態を手に入れて、綺麗で健康な身体を手に入れる。

「カイロプラクティック」の脊椎の湾曲の施術は、すごくお奨めです。

「カイロプラクティック」背骨のカーブを矯正するだけでなく背骨の神経の圧迫を取ることができるため、神経で支配されている肉体の機能を正しい状態に戻すことができる。

このような効果は、「カイロプラクティック」のような脊椎矯正でしかできません。

「脊椎」のカーブを治療する時の効果は、理想の「脊椎」の姿勢が見に付くだけじゃなく健康にも影響するので「脊椎」が湾曲してると悩んでいたら「背骨」のズレの矯正をしてみるといいでしょう。

浜松市西区、背骨の矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です