閼頑、主・蠑ッ逞・・遏ッ豁」

浜松市東区、脊柱側弯症

整体の矯正と側弯症

側弯症って何?

「側弯症」は、脊椎側弯症又は脊柱側弯症などと言われています。

背骨は、正常な状態であれば前面あるいは背面から観察すると背骨はまっすぐにのびています。

しかし、側方に曲がったり脊椎がねじれている事があり、このような脊椎を脊椎側弯症または側弯症を呼びます。

「側弯症」は、痛みを伴うことはあまりないので発症早期の診断はとても困難で、ある程度大きくなってしまってから気づく場合が多いようです。

気が付いた時には、もうすでに大きく歪んでしまっていることもあり、成長が続いているときはときどき脊椎の歪みを調べて「側彎症」になっていないかを確かめることが必要です。

側弯症の原因

今は、側弯症を原因別に分類するようになっています。

「側彎症」には以下のような種類がある。

特発性側彎症

特発性側彎症とは、原因不明の側弯症の総称である。

この特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)が「側彎症」の80-85%を占めています。

成長するときに「側弯症」は発症し、その多くが思春期に出現することから小学4年生くらいから中学3年生くらいまでが注意が必要です。

だいたい一対七の割合で女子に多く、特に初経前後の女性に多く発現し、細身の中学生でも出現しやすく、日常生活は関係無いようです。

脊椎の発育や成長がしなくなるまで曲がり続ける傾向があることから、出現年齢が若く、残りの成長期間が長いほど湾曲が大きくなる可能性が高く、一般的に、骨成長が成熟期に達すると背骨の湾曲がが急速に悪化することはなくなるようです。

胸郭不全症候群

胸郭不全症候群みたいな先天的または発育段階に生じた脊椎の異常によって発現する。

神経原性側弯症(しんけいげんせいそくわんしょう)

脳や脊髄(せきずい)などの異常によって発現します。

筋原生側弯症(きんげんせいそくわんしょう)

筋肉などのの異常により理想の姿勢を保持できないことで発現する。

外傷性側弯症

外傷を負った為に発症します。

事故など体に力が加えられたことが原因で脊椎が歪んでしまうことがあります。

捻挫や骨折、それらの後遺症などによって背骨が歪み「側弯症」になっていきます。

姿勢による側弯症

毎日の習慣で姿勢が悪いと「側彎症」になってしまうことがあるのです。

この側弯症は背骨の脊椎の変形を伴うことは少数です。

長期にわたる歪んだ姿勢は、背骨や肋骨が変形してしまう事もありますが、特発性のような変形の仕方はしないみたいです。

姿勢が要因で発生する「側弯症」は、整体の調整や姿勢を正していることで治していくことができるのです。

側弯症が身体に及ぼす影響

背骨が大きく湾曲する「側彎症」は、身体にいろいろな悪影響をおよぼします。

外見上の問題、代謝機能の影響、腰痛や肩こりなどのような痛みや不快な症状など。

容姿の問題

脊椎が横に彎曲するだけじゃなく、椎体自体が捻じれながら曲がるため徐々に肋骨なども変形してきて凸側の肋骨が後方に突出しだすと女性の場合は乳房が左右不均等になり背中が出っ張るなど容姿に影響が現れる。

これらの体や姿勢の変形により、羞恥心や劣等感など心理的に悪影響を与える事もあります。

重度の「側彎症」では、子供にも遺伝するかもしれないと考えて結婚の妨げになることもある。

身体への側弯症の影響

胸部の圧迫と変形により起こる循環器障害・呼吸器障害など内臓面にも影響を及ぼします。

進行すると凸側の肋骨の前後がつぶれたようになり肺、心臓などの内臓を圧迫することで様々な影響が出る。

側弯が70度を超えたときは肺活量が大きく減り90度を超えると肺や心臓の機能にも大きく影響し平均余命が短くなるといわれている。

凝りや痛み

腰椎(ようつい)は肋骨がなく、靱帯と筋肉によって支えられているため、胸椎(きょうつい)よりも負担が大きい。

また、椎間板への影響もあり、側湾が45度を超えると椎間板への負荷が不均等となり、椎間板(ついかんばん)の痛み、腰痛の原因となる。

脊椎の曲がりは、関節や骨格を支える筋肉・靱帯に大きな負荷をかける為に、痛みや凝りの要因になります。

急性の症状や慢性の痛みなどの様々な痛みや凝りの原因なるのですが、側弯症の初期や軽い側弯症では、痛みや凝りが出現することは数少なく、ほとんどの場合痛みや凝りが出るのは歪みがひどくなった重度の側弯症になってからです。

側弯症の検診

日本では、幼児や学校の検診で脊柱検査が行われており、1980年頃よりモアレ検査による検査が普及し、早期発見ができるようになった。

学校保健安全法の改正により、2016年度から運動器検診(家庭で評価ののち学校医による視触診が実施され総合判定)が学校の検診の必須項目になりました。

予防の方法は分かってなくて早期の発見に非観血的治療を行うことに効果がるようです。

非観血的治療には、整体やカイロプラクティックなどの手技療法もあります。

しかし、整体やカイロプラクティックなどの背骨、骨盤の治療を専門とする治療法でも「側彎症」に特に有効な予防の方法や治療法は確立されていません。

側弯症の治療

一般の病院で行う「側弯症」の治療は、コルセットなどによる治療法と手術をする治療に分けられます。

装具などによる側弯症の治療

25度以上と診断を受けると、専用のコルセットなどの装具による固定が行われることがおおいようです。

コルセットのような装具で歪みが完全になくなる(完治する)ことはありませんが、コルセットなどの装具は多少は悪化を遅らせるため、手術となったとしてもその時期を遅らせる効果がある。

しかしながら、コルセットなどの装具を付けての生活は苦痛を伴う為、コルセットの装着を辞めてしまう方も多く、実際には、その効果を実感する方はごく少数です。

また長期間装着することが重要であるが「側彎症」の進行が止まる時期、つまり成長期が止まるまで装着する必要があり、側弯症のコルセットでの治療方法はとても忍耐が必要なものになります。

手術による治療

50度以上と診察されるとスクリューやロッドを挿入して脊椎を治療するする外科手術が行われる。

このような場合も完全に治ることは無い。

外科の手術による「側彎症」の治療後は、背骨の動く範囲は減ってしまいます。

また、側弯症の湾曲に伴い、肋骨の変形があり肋骨の湾曲の度合いによっては、肋骨の切除が行われることもあるようです。

大がかりな手術になるので、体への影響を心配し外科手術をためらう方もいます。

整体の側弯症の治療

脊椎、骨盤の矯正を専門とする整体は側弯症の方達が多数来院します。

整体では昔から側弯症の施術を研究してきた歴史があります。

しかし、最近でも全ての側弯症に特に効果的な治療法は見つかっていないようです。

しかし、ある一部の側弯症に対してはとても効果的で大きな改善が見られる場合がある。

気を付けた方がいいのは、「側弯症は簡単に治ります」とか「側湾症専門」など、まるで側弯症が治る病気かのように広告する整体は、詐欺のような整体かも!整体の矯正で良くなる「側弯症」は、側弯症全体の一部のある条件がそろった側弯症のみです。

側弯症が良くなるなどと気軽に言うエステや整体に行くのは考えた方がいいかもしれません。

そんなことも考えたうえであれば整体の治療を試してみるのは良いことだと思います。

脊柱側弯症、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です