肩こり、カイロ

ブログ

中村家住宅にいってきた

雄踏町に国の重要文化財に指定されているお屋敷があるんです!(^^)!
中村家は、鎌倉から続く名門らしく文明15年(1483年)に、この地に屋敷をかまえたようです(*^_^*)徳川家康の次男於義丸(後の結城秀康)が誕生したところです(*^^)v
昭和48年に重要文化財に指定され平成13年から15年かけて解体工事・復元工事をして、江戸時代初期の貞享(じょうきょう)5年(1688)頃の建物としてよみがえらせたらしいです(^^)v
1-005●●●●●●●●●●

かやぶき屋根に鬼瓦(^^)v

かやぶき屋根に鬼瓦の屋根が特徴で似ているようなかやぶき屋根に鬼瓦の重要文化財は全国で3つしかないようです(#^^#)家の中に入ると太い木の梁(はり)がうまく組まれて迫力があります!(^^)!曲がった木をうまく使用して建てたことにとても関心します。

行く所が無いという人は、一回くらい気が向いたときに来てみて下さい!新しい体験や発見があるかもしれません(*^-^*)ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です