謨エ菴薙€∫肇蠕後・鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市、産後の骨盤矯正、整体

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正を受けたことありますか?

産後に受ける産後の「骨盤矯正」をご存じでしょうか?近頃子供を出産された人達で知らない人はいないんじゃないでしょうか?産後骨盤矯正がされるようになったのは、今から30年くらい前からくらいです。

30年前にも産後の骨盤矯正は存在していたのですがこの頃のように普通には知られていませんでした。

30年前くらいにテレビや雑誌で扱われるようになりだんだんと産後「骨盤矯正」は、世間一般にも知られるようになってきました。

産後の骨盤は歪むの?

出産のとき、「骨盤」は子供が骨盤を通過しやすいように骨盤の関節が左右に広がります。

いつもは可動できない骨盤の仙腸関節は出産がちょっとでも苦痛が楽になるようにホルモンによって柔軟性が増し左右に広がります。

一番に恥骨の間と左右の坐骨の間が広がります。

腸骨と仙骨の間にある仙腸関節(せんちょうかんせつ)は可動しますが大きく広がったりはしないのです。

骨盤の関節が緩み始めるのは出産より前からで出産後最も大きく広がります。

大きく広がった骨盤は産後元の場所に戻ります。

骨盤は出産後歪む?

一般に出産後「骨盤」は元の状態になります。

しかし、産後元の位置にならず腰痛などを発症することがある。

どのように骨盤は歪むの? ズレるの?

赤ちゃんが原因で骨盤が歪む

妊娠中にお腹の赤ちゃんがちょっとずつ成長していきます。

大きくなってきたお腹の赤ちゃんに骨盤が内側から押し広げられて「骨盤」がズレます。

妊娠中の性活習慣で歪む

日頃の生活で骨盤がズレるような癖がある場合。

もともと骨盤がズレていれば、産後にその歪みが続くことがある。

産後骨盤は赤ちゃんの出産前の骨盤に戻るが、もともとの骨盤の状態がズレていれば、ズレた状態になります。

出産後元に戻らない

産後に「骨盤」は元の骨盤に戻ろうとしますが、何かの原因で元に戻らず、歪んだ状態になる事があります。

こんな場合、強烈な痛みが出ることがありあります。

痛みを発するところは恥骨辺りの場合もあるが、腰部に発現する場合もある。

出産後の生活で骨盤が歪む場合

出産後暫くは、骨盤の仙腸関節は緩くなった状態になっていたりします。

その時に赤ちゃんの授乳などの悪い姿勢でいる時間が継続したりすると出産後「骨盤」が正常に戻った後でも少しずつ歪んでしまいます。

自分で行う産後の骨盤矯正

近頃では、産婦人科などでも骨盤のズレに対応して「骨盤」を不安定な状態から安定させるように圧迫する骨盤ベルトを使用するようにすすめる場合もあるようです。

また、テレビ、雑誌、ネットで自分で「骨盤」の歪みを治す骨盤体操なども紹介されるようになりました。

婦人科で奨めているような骨盤ベルトは「骨盤」をズレないように骨盤の仙腸関節を圧迫するだけです。

婦人科では、どのように「骨盤」が歪んでいるかを確かめることはありません。

産後骨盤がズレていることを大前提に単純に締め付けてあげるだけです。

骨盤矯正体操は、柔軟などの体操や骨盤にゴムチューブを巻いて骨盤を動かしたりして骨盤をズレてない状態に戻そうとするものですが、自分自身の骨盤がどれだけズレているかを知る方法を教えてくれませんので自分自身の骨盤の歪みの状態を理解することはできない。

柔軟や骨盤を動かす体操をしても自分の「骨盤」の状況を知らなければ、正しい状態に修正するには、どの方向に力を加えていいか分かりません。

自分の状況がわかっていないのに行う「骨盤矯正」の柔軟体操は、動かしているうちに運よく正しい状態になってくれるかもという「偶然を願う神頼み」みたいなものです。

整体で行う骨盤矯正

脊椎矯正の専門家である「整体」は、「骨盤矯正」のプロでもあります。

「整体」は骨盤の状態を検査して、骨盤のズレを理想の状態に戻すように骨盤を矯正する。

「骨盤」を良い状態に治すには、骨盤の曲がっている状態を確かめる必要がある。

骨盤の状況を理解していなければ、どのように骨盤を動かせば元に戻すことができるのか分からない。

前述の一般的な「骨盤矯正」では、骨盤の状況を考えずに矯正を行う為、最悪歪みが大きく悪くなることもあります。

このようなことは珍しいことではありません。

産後「骨盤矯正」を考えるのであれば、「整体」で矯正することがいちばんおすすめです。

またエステみたいな所の骨盤矯正は、個人的な印象ですが、「骨盤」の歪みがまったくないのに、大げさに骨盤が歪んでいると患者を不安にさせ必要のない矯正を長期に渡ってする傾向がよくあるようにおもいます。

正直信用することのできない所も沢山あるような気がします。

産後の骨盤矯正は必要?

昨今の「骨盤矯正」の広告を見てみると、産後の「骨盤矯正」は必ず必要と言わんばかりの広告が目立ちます。

骨盤矯正出産後どうしてもするべきなのでしょうか?答えは「NO」です。

骨盤矯正が必ず必要なくらい身体に影響があれば、「骨盤矯正」ができなかった時代はどうだったんでしょうか?骨盤矯正ができなかった時代でもなんの問題も無く人々は子供を産んでいました。

出産後の「骨盤」の大多数は、出産前の正常な状態に普通にもどります。

しかしその中には産後に骨盤が曲がってしまう人達が少数ですがいます。

多くの人達は、出産後骨盤矯正はする必要はありません。

「骨盤矯正」が必要な人達は、出産後なんらかの異常を感じた場合だけです。

産後の「骨盤」の歪みが心配であれば、ちゃんと骨盤の検査をしてくれる「整体」に通うべきです。

しっかりした整体は、「太りやすくなる」「体形が崩れる」などと言って「骨盤矯正」を奨めることはありません。

正直な「整体」では、曲がっていない骨盤を歪んでいると言って、不必要な「骨盤矯正」などを奨めることもありません。

大多数の人達は、産後の「骨盤矯正」はしなくていいことを知っておいて下さい。

患者を不安にさせるトークをする治療院は要注意!

骨盤の歪みをそのままにすると「太りやすくなる」「体形が崩れる」「下半身太りになる」など必要もないのに出産後のの「骨盤矯正」をすすめる治療院は一度良く考えてからにして下さい。

出産後に「体形が崩れる、太ったり」のは骨盤が歪んだのが原因?このようなことの原因のほとんどは骨盤ではなく習慣です。

子供ができて生活習慣が変化すると、太ったりして体形が変化することは特別珍しいことではありません。

しかし産後の「骨盤矯正」を売りにするエステや治療院は、産後の体の変化を全て骨盤のズレのせいにして、「骨盤矯正をすれば体形を戻せます」と広告するのです。

体形が変る要因が骨盤の歪みであれば、「骨盤」の歪みを修正するだけで体形をもどすことができるはずですが、「骨盤矯正」だけで身体が元どうりにもどる方達はわずかです。

ですので、ダイエットサプリや筋トレやストレッチなどのエクササイズも平行してさせようとする所が多く、骨盤矯正では体形は元にもどせないと自白しているのと同じです。

骨盤矯正に過度の期待をすることは大きな間違いです。

騙そうとする治療院やエステには気を付けて下さい。

浜松市東区、産後の骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です