謨エ菴薙→逕」蠕後・鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市、産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正を受けますか?

産後に行く産後の「骨盤矯正」を聞いたことはありますか?近頃、子供を出産された人で知らない人達はないんじゃないですか?産後に「骨盤矯正」が受けられるようになったのは、30年くらい前からでしょうか。

それより前にも産後の骨盤矯正は存在していたのですが昨今のように一般の人には知られていませんでした。

30年ほど前に雑誌やテレビに扱われるようになり少しずつ産後の「骨盤矯正」は、普通の人にも知られるようになりました。

産後の骨盤は歪む?

出産のとき、「骨盤」は子供が通りやすいように骨盤の関節が広がります。

普通は可動性のほとんど無い骨盤の仙腸関節は子供を産むのが多少でも楽になるようにホルモンで可動性が増しわずかに広がります。

一番に左右の恥骨の間と坐骨の間が左右に広がります。

腸骨と仙骨の間の仙腸関節(せんちょうかんせつ)は動きはありますが大きく広がったりはしない。

骨盤の骨盤の関節が柔らかくなり始めるのは出産前からで、産後最も広く開きます。

広がった「骨盤」産後元通りになります。

産後に骨盤は歪む?

ふつう、出産後骨盤は元の場所に戻ります。

だがしかし、出産後元の場所にならず腰痛や坐骨神経痛などを発現することがある。

どうして骨盤はズレるのでしょうか?

赤ちゃんによってに歪んでしまう

妊娠中にお腹の赤ちゃんが少しずつ大きくなっていきます。

大きくなったお腹の赤ちゃんに骨盤が中から押し広げられて「骨盤」がズレます。

妊娠中の性活習慣によって歪む

日常生活(妊娠中に限らず)で、骨盤がズレるような癖がある。

元々骨盤が歪んでいれば、産後にもそのズレが持続することがある。

産後「骨盤」は子供の出産前の状態に戻りますが、もともとの骨盤の関節が歪んでいれば、ズレた状態になります。

出産後元に戻らない

出産後に骨盤は出産前の状態になろうとしますが、何かの原因で骨盤が戻らずズレた状態になる事があります。

この場合、痛みが出ることがある。

痛みを感じる所は恥骨の場合もありますが、腰周辺出る場合もあります。

出産後、しばらくして骨盤が歪む場合

出産後暫くのあいだは、骨盤の仙腸関節は緩んだ状態になっています。

そのような時期に子供の世話などで、悪い姿勢で座る時間が長かったりすると、産後「骨盤」が正常に戻った後でもすこしずつズレてしまいます。

自分でできる産後の骨盤矯正

最近では、婦人科などでも「骨盤」のズレに対応して「骨盤」を安定させるように締める着ける骨盤ベルトのようなものを使うようにススメることもあるようです。

また、ネット、雑誌、テレビで自分自身で「骨盤」のズレを治す骨盤体操なども流布されるようになりました。

産婦人科で紹介する骨盤ベルトは骨盤を固定するように骨盤の関節を押さえるだけです。

婦人科では、どんなふうに骨盤が歪んでいるかを確かめることはありません。

産後骨盤が曲がっていることを大前提に簡単に圧迫してあげるだけなのです。

骨盤矯正体操は、柔軟などのエクササイズや骨盤にチューブを巻いて腰を動かしたりして骨盤を歪んでない状態に戻そうとするものなのですが、自分自身の骨盤の状態がどれだけ歪んでいるかを知る方法を教えてくれないので自分自身の骨盤の歪みの状態を理解することはできません。

柔軟体操や骨盤を動かす体操をやっても自分の骨盤の状況を知っていなければ、正しい状態に調整するには、どのように動かしていいか判断できません。

自分の状態が理解できていないのにおこなう骨盤矯正の柔軟などの矯正体操は、動かしている間に運よく正しい状態になってくれればいいとをいう「偶然を願ってする神頼み」と同じようなものです。

整体でおこなう骨盤矯正

背骨矯正の専門家である整体は、骨盤矯正のプロでもある。

「整体」では骨盤の歪みを検査して、「骨盤」の歪みを理想の状態に治すように骨盤を矯正する。

骨盤を理想的な状態に整えるには、「骨盤」の歪んでいる状態を確かめる必要があります。

「骨盤」の状況を知っていなければ、どっちの方向に骨盤を矯正すれば元の状態に戻すことができるかわからない。

前述の一般的な骨盤矯正では、「骨盤」の状況を考えずに調整を加える為、最悪の場合骨盤のズレが悪化することもある。

このようなことは珍しくありません。

産後の「骨盤矯正」を考えるのであれば、整体で調整することがいちばんおすすめです。

また、エステなどの骨盤矯正は、自分の印象ですが、「骨盤」の歪みがないのに、大げさに骨盤が歪んでいると患者を不安な気持ちにさせ必要の無い治療を長期間に渡ってする傾向がよくあるようにおもいます。

正直信用できない所も沢山あるような気がします。

産後の骨盤矯正って必要なの?

近頃の骨盤矯正の宣伝を見てみると、産後の「骨盤矯正」は必ずするべきだ言わんばかりの宣伝文句が目立ちます。

「骨盤矯正」産後必ず必要なのでしょうか?その答えは「NO」です。

骨盤矯正が必ず必要なくらい体に影響があるのであれば、骨盤矯正が存在しなかった時はどうだったんでしょうか?「骨盤矯正」が無かった時代でも何の問題も無く人間は赤ちゃんと産んでいました。

産後骨盤のほとんどは、出産前の正しい状態に普通にもどります。

しかし、中には産後に骨盤が歪んでしまう方達が少なからずいます。

多くの方は、出産後の「骨盤矯正」は必要としません。

「骨盤矯正」が必要な人は、出産後なんらかの異常を感じた場合です。

出産後の「骨盤」の歪みが心配であれば、ちゃんと骨盤の検査をしてくれる「整体」に通いましょう。

正直な「整体」では、「体形が崩れる」「太りやすくなる」などと「骨盤矯正」をすすめることはありません。

正直な整体は、歪んでいない骨盤をズレていると言って不必要な骨盤矯正を奨めることもありません。

大多数の人は、出産後の「骨盤矯正」はしなくていいことを知っておいてください。

営業トークに要注意!

骨盤の歪みをそのままにすると「下半身太りになる」「太りやすくなる」「体形が崩れる」など必要以上に産後の「骨盤矯正」を奨める整体などは一度考えてからにしてみて下さい。

出産後に「体形が崩れる、太ったり」のは骨盤が歪んだのが原因でしょうか?このようなことの原因のほとんどは「骨盤」ではなく日常の生活習慣です。

出産して習慣が変ると、太ったりして体形が変化することは珍しいことではありません。

しかし、産後の「骨盤矯正」を宣伝するエステや治療院は、産後の体の変化をすべて骨盤の歪みのせいにして、「「骨盤矯正」をすれば体形を元に戻せますよ」と広告するのです。

体形の変化の原因が骨盤の歪みであれば、骨盤のズレを治すだけで体形をもどすことができるはずですが、骨盤矯正だけで身体が元どうりにもどる人はごくわずかです。

ですので、ダイエットサプリや筋力トレーニングやストレッチなどのエクササイズも平行して処方しようとする所がおおく、「骨盤矯正」では体形は元にもどせないと証明しているのと同じです。

骨盤矯正に過度の期待をすることは間違いです。

騙そうとする治療院やエステには気を付けよう。

浜松市南区、産後の骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です