腰痛、整体

ブログ

円福山 豊川閣 妙厳寺(豊川稲荷)にいってきました(^O^)

愛知県豊川市豊川町にある曹洞宗のお寺です(*^_^*)
稲荷というと神社って思いますよね
しかし豊川稲荷は神社ではなくお寺です(#^.^#)
正式には「円福山 豊川閣 妙厳寺」(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)と称する寺院みたいです(*^-^*)
すごく大きな寺院で、お正月はたくさんの人でにぎわいます(*^-^*)
豊川稲荷は「狐」信仰しているように思うかもしれませんが、信仰の対象は吒枳尼天という名前の神様らしいですよ(*^▽^*)切り火をしてくれた人の話では吒枳尼天が狐に乗って現れたことから「狐」も祭っているなんてこと言ってました(^_^)/
1-003●●●●●●●●●●

豊川稲荷の見どころ!

お賽銭を投げて帰ってくるだけではもったいないです(^_-)-☆
奥も周って散策してこよう(^_^)
お賽銭を投げる建物(本堂)の右側を奥に入っていくと、大黒天とか毘沙門天とか祭ってる祠(ほこら)が並んでいます(#^^#)さらに奥に行くと狐塚の案内がありますので「狐塚」は見ておきましょう(^O^)/
霊狐塚(れいこづか)と言うらしいのですが、石で作られた「狐」がたくさん並べられていて、少し不気味な感じもしますが他の所にはなかなか無いみたいなのでしっかり見にいっておきましょう(*^-^*)

切り火もやってもらって!(^^)!

霊狐塚(れいこづか)の入り口の近くにある建物で「切り火」がしていただけます(#^.^#)
「切り火」とは、時代劇とかで見たことある人たちもいると思いますが、家から出る時に火打石でカチカチして火花を飛ばしているやつです!(^^)!
詳細にはしらないのですが、お清めの儀式のようです!
たくさんの人が切り火の案内に気づかず通過していると思います(僕も人から教えてもらうまでは気が付かずに通り過ぎていた(^^;)。

祠(ほこら)の賽銭箱や扉に案内が貼ってありますので良く見ていると気が付くと思います(^_-)-☆切り火料は気持ちってことみたいですが、お金を置く台に千円置かれているので千円が相場なのかなぁと思って毎回千円おいてきます。

「切り火」は、テレビで見るようにカチカチというふうではなく、シャッ!シャッ!みたいな感じでいっぱい火花が飛びます(^O^)一番最後に財布を開けて下さいと言われ財布の中にも「切り火」をしてくれたりするので、なんか金運がやってきそうな気分になります(●^o^●)

切り火を終えたら狐を触らせてもらって(*^^)v

切り火をする祠(ほこら)に入ると前の方に二つの木でできた「狐」があります。

この狐、大岡越前(時代劇で有名な)が納めた狐らしいです(^^)/ぜひ触ってみてください(#^.^#)ちなみに「切り火」をする火打石は門前の商店街の仏壇仏具のお店でかうことができます(^O^)/家に帰ってからもシャッ!シャッ!って火花を飛ばしてお清めするのもいいのではないでしょうか(^_-)-☆
ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です