縺弱▲縺上j閻ー

浜松市西区、ぎっくり腰、整体

ぎっくり腰

ぎっくり腰

一般には、この病態はすなわち、重い物を持とうとした時などに強い腰痛が発症して立つことさえ難しくなる事を「ぎっくり腰(ぎっくりごし)」の通称をもって言います。

病院では「ぎっくり腰」は、急性腰痛症といい腰の部分にいきなり疼痛が発症する腰痛で筋肉の損傷・筋膜性炎症・関節捻挫などの症状を言います。

急性の筋・筋膜性腰痛の他、腰椎椎間板ヘルニア腰椎椎間関節捻挫仙腸関節性腰痛などの病態が多いようですが、しばしばスプラング・バックでも同様の症状を発する。

発生要因も多様であるが、主に運動不足や年齢などが考えられます。

なお、腫瘍が原因で発症している場合は、夜間痛・安静時痛が起こることが多いので「ぎっくり腰」みたいに損傷の原因を特定できる場合は多くない。

最近では、要因を断定できない腰痛を非特異的腰痛と呼びストレスの影響があるのではないかといわれている。

ぎっくり腰を予防するには?

予防策としては、重量物などを持つ際に足場の良くない所で無理な状態で持つなどしないように心がけることや、極端に重いものはなるべく運ばずに済むように物の収納の方法などを普段から考えておくことが効果的である。

また、睡眠不足などでなおかつ疲労ぎみの時に発生しやすいようでそのような状況に陥らないように防衛策を講じるのも一つの方法です。

可能ならば常日頃から軽い運動をして腰部まわりから背中にかけての筋肉が弱らないようにしておくこともある程度有効である。

ぎっくり腰の診断

一般の病院で行われる検査では、主に、レントゲンとMRIです。

整形学検査をする事もありますが、最近ではMRIとレントゲンだけという事が多いみたいです。

「ぎっくり腰」は、レントゲンとMRIの診断を受けても原因不明と判断される事が以外におおく、それらの原因としては、骨折、脱臼、筋肉や靱帯などの大きな損傷でなければ、レントゲンやMRIなどの診断には写らない為、わずかな損傷に対してはMRIとレントゲンなどを受けても分からないということになります。

ぎっくり腰でレントゲンやMRIなどの検査をやっても「異常はありません」といわれるだけですね。

ぎっくり腰の一般的な治療

ぎっくり腰の初期対応

突然発症する「ぎっくり腰」の初期の対応は、安静にして患部を冷却することです。

ぎっくり腰」のような急性腰痛の多くは軟部組織(筋肉や靱帯)の損傷をともなうことがおおく、損傷してすぐに動かないことと冷やすことが大切です。

ぎっくり腰」の中には痛みは出ているものの動くことができる事も多くあります。

しかし、「ぎっくり腰」の疼痛は時間をかけてちょっとずつ悪化することが多くて頑張れば仕事ができるからといって動いてしまうと、後々ぎっくり腰がひどくなる原因になります。

軟部組織(靱帯や筋肉)の損傷がある可能性が高いということを考えてすぐに冷やすことで炎症を抑える効果があるといわれています。

だがしかし、冷却しても疼痛が極度に減少することが無い為、痛みの減少を実感するほどのことはないようです。

薬物治療など

一般に「ぎっくり腰」では、鎮痛剤を出されます。

痛み止めで「ぎっくり腰」の疼痛を抑えて自然に治るのを目指します。

痛み止めの湿布

湿布も一般的に処方されます。

だがしかし、「ぎっくり腰」のような急性の腰痛では、鎮痛剤の方が痛みを軽くするには適しているみたいです。

注射

痛みが強い場合、注射をします。

痛み場所の局部的な麻酔と背骨に注射を行うブロック注射がある。

ブロック注射は痛みに対してとても効くことが多いかわりに時々事故も起こっています。

患部を保護するコルセットなど

ちょっと動くだけで激痛をはっする「ぎっくり腰」に、腰椎を固定するコルセットなどはすごく効果的な方法の一つになります。

痛む部分に力が加わると患部を刺激して痛みが出るので、腰部を固定して動きを制限し痛みを軽減する。

整体の施術をぎっくり腰

一般の治療に加えて整体などの手技療法も「ぎっくり腰」の治療法として考えている方達もいることでしょう。

整体でされている「ぎっくり腰」の施術とは、どのようなものでしょうか?整体というと背骨をボキッってしている印象が強いと思います。

整体とは、一般的に関節の歪みを調整して身体を治す手技療法です。

整体で矯正を受けたら、帰る時には痛みは無くなって普通に歩いて帰れた」とか「たった一回の治療で治ってしまった」のような話はよく聞きます。

一般に腰部を損傷しているぎっくり腰は、ボキッとするような大きな力を加える施術はすることはありません。

優しく歪んだ椎骨を施術します。

わずかな脊椎の異常でも腰辺りに疼痛を発することがあります。

このような場合には整体はとっても効果を発揮します。

背骨の歪みや骨盤の関節などこのわずかな骨の歪みを調整することによって、激痛があっという間に無くなることがあります。

ただ、ぎっくり腰のような急性の腰痛に対しボキッってしてしまうような過激な矯正をする整体に行くのは注意が必要です。

その中には「ぎっくり腰」のような急性の腰痛に対し強烈な矯正をしてひどくなることがあります。

良い整体では、急性腰痛に対しどのようなときも強烈な調整をおこなうことはありません。

浜松市南区、ぎっくり腰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です