鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」

浜松市中区、整体

バレンタインの話2

【坊っちゃん①】夏目漱石の国民的名作〜中田史上No.1文学〜

エンリケFC(フランチャイズ)ついに訴訟へ⁉しかも裁判所はエンリケ敗訴の心証?弁護士解説

60″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/Iu9N7RBZ51c” title=”YouTube video player” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen>

【ゆっくり解説】頭がおかしい…酷いいたずらが原因で起きた最悪の出来事

【源氏物語②】衝撃の能力バトル&藤壺アタック

【2ch修羅場スレ】【伝説】冗談で夫に離婚届渡したら現実になった

整体と骨盤矯正

骨盤矯正

近頃では骨盤矯正と言うのをネットや週刊誌で見ることが増えてきました。

骨盤矯正」とは、なんなのか知っている人達は多くない。

骨盤矯正はどのようなものか説明してみる。

「骨盤矯正」のことを知り間違いのない骨盤矯正を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にはさまれている仙骨(せんこつ)、それに仙骨(せんこつ)の先っぽについている尾骨からなります。

整形外科などの病院の治療ではふつう骨盤の調整はおこないません。

なぜかと言うと、普通の病院では骨盤は歪まないと考えていて「骨盤」が普段の生活で歪み、そのことが体の異常の原因になったりすることはないと思っているからです。

(しかし一部の整形外科では「骨盤」の修正を独自のやり方で行っている整形外科もすくなからずある)。

例外としては、交通事故や高い所から落下した場合のように強烈な負荷が骨盤に加わり「骨盤」の関節が大きく歪んだとき(骨盤の関節の脱臼、捻挫みたいな状態)、元どおりの状態に戻すように「骨盤」を調整する場合があります。

この場合は、手術によって骨盤の修正をされることが多いようです。

また産科では、産後に骨盤の関節の歪みを調整するように骨盤を絞めて固定するベルトのような装具を奨める病院が増えてます。

骨盤は歪むのか?

一般の医療では骨盤はズレないとされていて「整体」などでは骨盤はズレるといわれどっちが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どのような理由でそのような考え方の違いがでるのかを説明してしてみたいと思います。

まずは、整体で言う骨盤がズレると言うのは、整形外科などでいう「骨盤」の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲンなどの画像で見て分かるようなひどい歪みは扱いません。

一般の医療では?

婦人科などの医療ではレントゲン写真などの画像で見て分からないくらいのズレは痛みなどの身体の不調の原因になることは無いと考えています。

その他にも骨盤の動きは少なく例外的なのは出産するときに動く程度。

中年以降は仙骨と腸骨はほぼくっついてしまうので「骨盤」は通常動かないと思っているようです。

整体などの手技療法では?

整体などで行われている骨盤矯正は、普段の施術で「骨盤」の少しの歪みを施術した結果症状が良くなるのを見ています。

実際骨盤の関節の周りには靱帯、神経、筋肉などが存在し少しのズレでも筋肉、靱帯、神経を刺激します。

MRIやレントゲンなどの写真でズレが写らない場合でも骨盤が歪んでいて、その骨盤を施術する必要があると整体で考えるのはこの為です。

痛みの原因は骨盤の歪み

ズレた骨盤は、様々な異常を肉体にもたらします。

骨盤が歪むと骨盤に乗る背骨がズレます。

脊椎が湾曲すると脊椎の中を通る神経や血管、体を支える筋肉や靱帯、全身に血液を送る血管に負荷がかかりこれらは、それも全て身体にとって凄く重要なものでどれが障害されても体に障害が起こります。

骨盤が原因の体調不良

脊椎が歪むと脊椎より出ている神経機能が障害されます。

内臓諸器官の障害や運動機能の異常など体のさまざまな部分が神経の命令でコントロールされているので、全ての体の異常に関係してきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担

ひずんだ肉体は、関節の動き、筋肉、靱帯に異常な負担がかかるため、凝りや痛みなどの原因になったり、運動機能の低下などももたらします。

骨盤が歪むことによる血行不良

肉体の歪みによって血管を圧迫してしまうことで、血管圧迫にる「むくみ」や「冷え」などの原因になります。

骨盤矯正と整体

民間療法などの整体の骨盤矯正では、主に手によっておこなわれます。

矯正器具や矯正ベッドなど使う場合もあるようではあるが、一般的には手技でします。

また、コルセットのような骨盤を圧迫する道具も用いる場合もあるようです。

一般的に治療の痛みをともなわないのが普通なのですが、その中にはとても強い力で無理に調整を、もちいる整体師もいる。

普通の骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の可動性はすごく狭く大きく動くことは無い。

この少しの可動域を修正により動かすので、通常は大きな力を使うことはありません。

整体の骨盤矯正の現実

骨盤の仙骨と腸骨の関節は筋肉や靱帯でつながっていますが、筋肉や靱帯の柔軟性のゆるす範囲でしか「骨盤」の仙腸関節は可動することはできません。

骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」のようなことを雑誌、ネット、テレビなどで見ますが、騙されないで。

骨盤にどれだけ力を加えても見た目で分かるほどの動きはしない。

このような広告をする「整体」では骨盤の上に乗るなどして大きな力を加えるなどして修正します。

大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると考える人達もいると思いますが、見た目で分かるほど動いた時は骨盤の仙腸関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまう為、筋肉や靱帯を損傷してしまいます。

治療した後に変化したと思う方達もいるようですが、勘違いのようなもので変ったような感じがしているだけなんです。

「骨盤」の仙腸関節に損傷がなければ骨盤が見た目で変化が自覚できるほど動いていることはありません。

かりに見た目で違いが分かるほど骨盤が動いたのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の筋肉や靱帯は傷めているわけであり、関節の強い痛みが出現しているはずです。

骨盤矯正の例外!産後の骨盤矯正

例外として骨盤が、通常以上に可動する場合があります。

それは、出産する時です。

出産する時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節がゆるみ骨盤が広がるように動きやすくなっていきます。

出産の時には恥骨の間が2㎝くらい開きますが、出産時以外では骨盤の恥骨の関節は柔軟性は無い。

出産時でもそんなに大きく動かない「骨盤」が眼で見て分かるほど施術で大きく可動することは無い。

歯の矯正のように何年か力をかけるようなコルセットなどを使用すればすこしずつですが矯正していくことは可能でよしょうが現実では無理があります。

あなたも骨盤矯正しよう!

整体で行われている骨盤矯正は、体形などを変化させるようなものではなく肉体をバランスのとれた理想の状態に正すことが目的なんです。

「骨盤」の仙腸関節は、多少のひずみでも痛みを発症することもありますし、「骨盤」の微妙な歪みが肉体全体をひずませ健康に影響を与えます。

「骨盤」を整え体をバランスのとれたいい状態に保つことで、健康を保って痛みや凝りを解消します。

もしも骨盤が曲がっていると思うのであれば、骨盤矯正をしてみるのもいいのではないでしょうか?「骨盤」は、体の土台です。

骨盤が傾けば体全体が傾ていしまいます。

健康な体は正しい姿勢かた¥ら!整体矯正はとっても効果的な手助けになる。

浜松市西区、骨盤矯正、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。