鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市西区、カイロプラクティック

FV4005 vs T54 | 183mm HESH Simulation | Overpressure & Armour Piercing Simulation

【ゆっくり解説】未だ謎が多い「駿河湾」に生息する神秘の深海魚10選を解説

【ゆっくり解説】機雷処理の見学で大爆発。

降り注ぐ人間の体だったもの…「湧別機雷事故」

【2ch面白いスレ】爆笑 腹筋崩壊イッチ面白い話書いてけウエッウエwwwwww60連発<腹がよじれる>聞き流し作業用BGMに【ゆっくり解説】

異例の速さで開発!?大型陸上攻撃機「連山」はなぜ実戦に参加できなかったのか?【梟軍事情報局】

【武器解説】トカレフとは?威力・性能について、貫通力の詳細

カイロプラクティックの骨盤矯正

「骨盤矯正」

最近骨盤矯正と言うものを週刊誌やテレビやネットなどで見ることが多くなってきました。

骨盤矯正は、どんなものなのかわかっている方は多くありません。

骨盤矯正はなんなのか説明してみる。

骨盤矯正のことを知り間違いの無い「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

「骨盤」は、一対の腸骨とその間にある仙骨(せんこつ)、それに仙骨の先についている尾骨からなります。

外科などの病院の治療では普通「骨盤」の矯正はなされません。

なぜか、一般医療では骨盤はズレないと考えていて骨盤が日常生活でズレてそのことが体の異常の要因になってしまうことはないと考えているからです。

(だがしかしある一部の整形外科で骨盤の矯正を独自の方法で行っている病院もすくなからずあります)。

例外として、高い所から落下したり交通事故にあったりしたときのように強い負荷が骨盤にかかり「骨盤」の関節が大きくズレたとき(「骨盤」の関節の脱臼、捻挫みたいな状態)、元の状態に戻すように骨盤を修正することがあります。

この場合は、外科手術で骨盤の治療をおこなうことが多いようです。

また産婦人科では、産後に骨盤の関節の不安定性を調整するように骨盤を絞めて固定する骨盤ベルトのようなものを奨める病院があります。

 

骨盤は歪むのか?

一般の医療では骨盤はズレないとされていてカイロプラクティックなどの手技療法では「骨盤」は歪むと言われ、どちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どのような理由でそのような考え方の違いが出るのかを解説してみようと思います。

まずは、「カイロプラクティック」でいうところの「骨盤」がズレるというのは病院などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫なのどように、レントゲン写真などの画像で見て分かるような大きなズレは扱うことはありません。

病院では?

婦人科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像で見て分からないくらいの歪みは痛みなどの身体の不調の原因になることはないと考えているのです。

それ以外にも骨盤の動きはわずかで例外的なのは出産の時に開く程度。

中年以降は腸骨と仙骨はほぼ癒着してしまう為、骨盤は普通動きがないと考えらているようです。

カイロプラクティックなどの手技療法では?

カイロプラクティックで行われている骨盤矯正は、常日頃から「骨盤」のほんの少しのズレを施術した後に痛みが解消されるのをよく目にします。

現実に「骨盤」の関節の周りには筋肉、神経、靱帯などが存在してちょっとのひずみでも靱帯、神経、筋肉を刺激してしまいます。

レントゲン写真などの写真でひずみが見られなくても骨盤がズレていてその歪みを調整する必要があると「カイロプラクティック」で言うのはこの為です。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい

ズレた骨盤は、さまざまな異常を肉体に出現させます。

骨盤がズレると骨盤に乗っている背骨がひずみます。

脊椎が湾曲すると背骨の中を通る神経や、骨を保靱帯や筋肉、全身の臓器に栄養や酸素を送る血管に大きな負荷がかかりこれらは、全て肉体にとってすごく重要なものでどれが障害されても肉体に異常が起こるようになります。

骨盤の歪みが原因の神経圧迫

脊椎が湾曲すると背骨から出る神経の機能が狂います。

内臓機能の異常や運動機能の異常など肉体の色々な部分が神経の命令でコントロールされているので、すべての体の異常に関連してきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担

歪んだ身体は、関節の動き、筋肉の緊張、靱帯に大きな負担がかかってくるため慢性的な凝りや痛みの原因になったり、運動機能の低下などももたらします。

背骨、骨盤が歪むことによる血行不良

体の歪みによって血管を圧迫してしまうことで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの要因になります。

カイロプラクティックで行う骨盤矯正

手技療法などによる「カイロプラクティック」の「骨盤矯正」では多くの場合手技によっておこなわれます。

矯正器具や矯正ベッドを使う場合もあるようではあるが、一般的には手技でするようです。

また、コルセットのような骨盤を締め付けるような装具ももちいる場合もあるみたいです。

一般的に調整の痛みは伴わないのが普通ですが、中にはすごく強い力で無理に治療を行う方法を用いる施術師もいます。

正常な骨盤の場合、骨盤の仙腸関節の可動域はすごく狭く大きく動くことはありません。

このわずかな動きを治療により可動させるので普通強い力を使うことはありません。

カイロプラクティックでおこなう骨盤矯正

骨盤の仙腸関節は靱帯や筋肉で強く繋がっていますが、筋肉や靱帯などの柔軟性の範囲でしか骨盤の仙腸関節は動くことはできないのです。

「骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」のようなことを雑誌、ネット、テレビで見られますが、騙されないで。

骨盤にどれだけ力をかけても見た目で分かるほどの変化はしない。

このような広告をする「カイロプラクティック」では、骨盤の上に乗るなど強い力を加えるなどして調整します。

すごく強い力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと思う方達もいるかもしれませんが、目に見えて分かるほど可動した場合は骨盤の仙骨と腸骨の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまうため、筋肉や靱帯を破壊してしまいます。

治療前と治療後で変わったと思う方もいるみたいですが気のせいのようなもので変ったような気がしているだけなんです。

「骨盤」の仙腸関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が見た目で違いが分かるほど動いていることはないのです。

仮に見た目で変化が分かるほど骨盤が動いたのであれば、仙腸関節の靱帯や筋肉は傷めているわけであり、腸骨と仙骨の間の関節の強い痛みが生じているはずです。

産後の骨盤矯正は例外?

例外的に「骨盤」が普通異常に動く場合があります。

それは、出産時です。

出産する時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節が緩んで骨盤が広がるように動きやすくなったりします。

出産時には恥骨間が2㎝くらい開きますが、出産時以外では骨盤の関節は柔軟性はない。

出産時でも決して大きく開かない「骨盤」が、見た目で分かるほど調整で大きく動くことは無い。

歯列矯正のように何年か力をかけるようなベルトなど使用すればすこしずつですが矯正していく事はできるでしょうが現実的に無理があります。

骨盤矯正をしよう!

「カイロプラクティック」でする骨盤矯正は、体形を変えるようなものではなく肉体をバランスのとれた健康な状態に戻すことが目的なんです。

骨盤の関節はわずかな歪みでも痛みを発することがあるし、骨盤の少しの歪みを肉体全体をひずませ健康に影響を与えます。

「骨盤」を治して体をバランスがとれた理想の状態に戻すことで健康を保って痛みや凝りを治します。

もしも骨盤がひずんでいるとおもうのであれば「骨盤矯正」をしてみるのもいいと思います。

骨盤は体の土台です。

骨盤が傾けば身体全体が傾きます。

健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!「カイロプラクティック」矯正法はとっても効果的な助けになる。

浜松市西区、骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。