肩凝り、カイロプラクティック

骨盤

【歴史解説】ゆっくり大江戸102 一揆の歴史 戦う百姓の真実【江戸時代】

3割の人が勘違いしている雑学10選

ヨダレ垂らしながら潮干を狩りにきた。

【高級食パン専門店】なんか消えそう…高級食パンブーム【ゆっくり解説】

【ゆっくり解説】「人間」と「動物」の「子供」は生まれるのか?を解説【科学解説】

現役 せり人 が 勧める ! アジ の 速卸し & 裏技 【魚 捌き教室 ・せり人ムタロー 】

【ゆっくり解説】奇抜な発想で思わず笑ってしまうポンコツ戦闘機集

ショットガンのしくみ

【武器解説】トカレフとは?威力・性能について、貫通力の詳細

【警告】※ついに始まった…※ 3年前の僕の予想は的中していたし水面下で徐々に格差は広がっている【岡田斗司夫切り抜き】

【2ch面白スレ】看護師しかしらない裏話や恐怖体験がヤバすぎる【ゆっくり解説】

24時間365日飛行!?「B-52」が100年も運用され続ける理由とは?【梟軍事情報局】

側弯症
肩こり
姿勢矯正
浜松市

整体
整体は、日本語ではふつう手技を使った民間療法(みんかんりょうほう)代替医療(だいたいいりょう)を示す言葉です。

また肉体を整える療法(りょうほう)の多くに用いられる。

日本語としては大正時代に使われるようになった語句で、米国(アメリカ)で生まれた療法・整骨医学を「整体(せいたい)」と言い換えたのが始まりだと思われます。

今現在世間一般に使われる意味では、カイロプラクティックに似た背骨矯正(主に背骨)を主目的とした治療法を指して用いられるケースがおおい。

脊椎・骨盤・四肢(上肢・下肢)など、身体全体の骨格や関節の歪み・ズレの調整、骨格筋の調整を、手を使った手技(しゅぎ)と補助道具でおこなう治療およびそれらの行為を表してしるという人もいるが統一された体系はない。

手技的治療法によりいろいろな症状を治すことを目指す治療方法はマニピュレーションと称されるが、この代表的なものが「カイロプラクティック」 (Chiropractic) ・オステオパシー (Osteopathy)である。

治癒力を活かすことと手技療法が施術の中心であるという共通の部分があるが、治療の哲学やアプローチの方法は異なる。

どちらも19世紀後半にアメリカ(米国)で生まれた治療方法であります。

カイロプラクティック(脊椎矯正術)は脊椎の椎間関節の「サブラクセーション」(亜脱臼、不全脱臼)を手技で調整アジャストメントすることによって、肉体を自然回復させようとするものである。

「オステオパシー」は肉体の構造の歪みは血液の循環んに悪い作用をあたえ、神経の伝達や内分泌、血液・リンパ液などの循環を阻害すると考え、背骨だけでなく全ての筋繊維や骨格構造、内臓諸器官、頭蓋骨が施術の対象とします。

脳脊髄液の流れの回復やリンパの循環の改善も目的としています。

カイロプラクティック(脊椎矯正療法)又はオステオパシー (Osteopathy)の論理・技術は、整体や指圧(しあつ)といった日本の手技療法に大きな影響を与えた。

整体(せいたい)には定められた方法は無くやる人によって理解・解釈は異なります。

大正のころに伝えられたオステオパシー「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 などの欧米伝来の徒手療法を中心とする整体、日本古来の格闘技の柔術(じゅうじゅつ)骨法(こっぽう)などの流派に伝承される徒手矯正を用いた整体(せいたい)、中医学の手技療法を使った整体(せいたい)、各団体の独自の治療方法などを加味した整体などあるといわれています。

民間療法で、医療の制度から見れば代替医療の一つですが、保険の適応外であるため、一般の医療と一緒に病院で治療として用いられることはない。

法律からは医業類似行為の一種とされる。

「整体術」・「整体法」・「整体療法」 ともいわれています。

明治末ごろから現れた民間療法で、指圧、「カイロプラクティック」、オステオパシー (Osteopathy)、光線療法、電気治療などの方法で保険治病の目的で業となす行為を「療術(りょうじゅつ)」と言うが、整体もこの一種とされました 。

整体は理論・技術共に統一されていない為、整体(せいたい)を冠する治療家それぞれが、独自の説を語っています。

カイロプラクティック(脊椎矯正療法)のような科学的・「物理的」施術と、中国医学・漢方医学の経絡理論・通常の医療で臨床に使われる内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)などの理論のミッスクとなっている。

身体の骨格の関節(脊柱・骨盤・肩甲骨・四肢・等)の歪み(ゆがみ)・ズレの補正と骨格筋のアンバランスの調整など主に手足による技(道具は、補助として使用する)で行う治療です。

肩こり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です