肩凝り、整体

姿勢

飛んでイスタンブール / 庄野真代

2022年Wordpress初心者使い方・始め方【ホームページ・ブログ作成】

現役 せり人 が 勧める ! アジ の 速卸し & 裏技 【魚 捌き教室 ・せり人ムタロー 】

世界王者のダイナマイト片輪ドリフト world champion dynamite single-wheel drift

【ゆっくり科学】視力が悪いほどよく見える!?全10問正解したら逆にヤバい【逆視力検査】

潮干狩りの狙い目!誰でも採れる未利用貝が美味い

なんで出来たの?準中型免許「複雑な免許制度」【ガレージトーク】

【ゆっくり解説】宇宙一危険な惑星TOP6

壇ノ浦の戦い後の平家 源氏の世の中で平家はどう生きたのか?【鎌倉殿の13人】

【ゆっくり解説】モランディ橋崩壊事故 2018

【Apple】「アップル製品をお使いの皆様に警告」iPhoneやiPadを使っている人はバカにされていますよ【 岡田斗司夫 切り抜き サイコパス Mac Studio】

【衝撃】瀬戸内海が綺麗すぎて、ついに国が動いた!深刻な問題とは?

浜松市
整体
浜松市
整体

整体
整体(せいたい)は日本では一般に手技(しゅぎ)を使った民間療法、代替医療を示す言葉。

また体を整える施術に用いられる言葉です。

日本語として、大正時代にもちいられ始めた語句でアメリカで生まれた手技療法・整骨術を整体(せいたい)と言い換えたのが始まりだと言われています。

今、一般的に使用される意味ではカイロプラクティックに似ている骨格の矯正(主に背骨・骨盤)を主目的とした施術を指して使われる場合が多い。

脊椎・骨盤・四肢など、体全体の骨格や関節のズレの矯正、骨格筋の調整を、手を使った手技療法(しゅぎりょうほう)と矯正器具で行う治療およびそれらの方法を指しているという意見もあるが統一された形態は無い。

手技的治療により多種多様の病状を改善することを目指す施術法はマニピュレーションと総称されるが、この代表ともいえるものが「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 ・オステオパシー (Osteopathy)である。

治癒力を活かすことと手技が中心であるという共通部分があるが、セラピー哲学や着手方法の方法は異なります。

どちらも19世紀後半にアメリカ(米国)で生まれた施術(せじゅつ)であります。

「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 は背骨の椎間のサブラクセーション(不全脱臼)を手によって調整アジャストメントすることにより、体の不調を治す施術法(せじゅつほう)。

オステオパシー (Osteopathy)は体の構造的な異常は体循環に悪い効果をあたえ、神経伝達や内分泌、血液の循環んを阻害すると考え、背骨だけでなく全ての筋肉や骨格、内臓、頭蓋骨が治療法の対象とします。

脳髄液(のうずいえき)の流れの改善やリンパ液の流れの改善も目的とされる。

「カイロプラクティック」又はオステオパシーの論理・技法は、整体や指圧(しあつ)といった日本の手技治療に影響を与えました。

整体には決められた方法は無く治療する人により理解・解釈は違います。

大正時代日本に伝わった「オステオパシー」やカイロプラクティック(脊椎矯正療法)など西洋より伝来の矯正法を主とする整体、日本古来の武術の柔術や骨法などの流派に伝わる施術を使った整体(せいたい)、中医学の手技療法を使った整体、各団体の独特の理論や哲学などを加えた整体など存在するともいわれる。

民間療法であり、医療の制度から見て代替医療の一種ですが、保険の適応外ですので、一般の医療と一緒に一般医療の現場で治療として用いられることはない。

法制度からは医業類似行為の一つとされる。

「整体術」「整体法(せいたいほう)」・「整体療法」 とも呼ばれています。

明治頃に現れた民間療法で、指圧、カイロプラクティック(背骨矯正療法)オステオパシー、光療法、電気治療などの方法で保険治病の目的で業となす行為を「療術(りょうじゅつ)」と言うが、整体(せいたい)もこの一種とされました 。

整体は理論・術の両方とも共通でないため、整体(せいたい)を冠する治療家それぞれが独自の説を語っています。

カイロプラクティック 「Chiropractic」 のような科学的・物理的治療と、中国医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で普通に使われる「内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)」などの理論のミッスクとなっています。

体全体の骨の関節(脊柱・骨盤(こつばん)・肩甲骨(けんこうこつ)・四肢・顎関節等)の歪み(ゆがみ)・ズレの矯正と筋繊維のアンバランスの矯正などを主に手を使用した技術(道具を使うことも)で行う治療です。

整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です