鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

磐田市、骨盤矯正

[チェッカーズ] おばけドラマーが「ギザギザハートの子守唄」叩いてみた

【Vol.90】 軽自動車は事故に弱い 二次被害のリスクも 他、いろいろな質問に回答【GS-RADIO】

ハマグリを酒に浸けたらありえない寄生虫が出てきた…

【ささきいさお】宇宙戦艦ヤマト OP【叩いてみた】drum cover/ドラムカバー オープニング

【坊っちゃん①】夏目漱石の国民的名作〜中田史上No.1文学〜

【ゆっくり解説】世界一高額な飛行機B-2スピリットの秘密

カイロプラクティックと骨盤矯正

骨盤矯正

近頃骨盤矯正というのを週刊誌やテレビやネットで見ることが増えてきました。

骨盤矯正」とはどんなものなのか分かっている方は少数です。

「骨盤矯正」はどんなものなのか解説していきます。

骨盤矯正のことを理解し間違いのない「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤の歪みを治す骨盤矯正

骨盤は一対の腸骨とその間にはさまれている仙骨、それと仙骨の先につながる尾骨からなっています。

整形外科などの病院の治療ではふつう骨盤の施術はすることはありません。

なぜでしょうか?整形外科では骨盤はズレないと考えられていて、骨盤が普段の生活で歪み、それが身体の不調の原因になるようなことは無いと思っているからなのです。

(しかし一部の整形外科で骨盤の治療を独自の方法で行っている整形外科もわずかですがある)。

例外になるものとしては、交通事故や高い所から落下した場合のように大きな力が骨盤に加わり骨盤の関節が大きく歪んだ場合(骨盤の関節の捻挫、脱臼のようなこと)、元の状態に戻す為に「骨盤」を施術することがあります。

この場合は、手術のようなかたちで骨盤の矯正をおこなうことが多い。

また婦人科では、出産後に「骨盤」の関節の不安定性を調整するように骨盤を閉めつけて安定させる骨盤ベルトのようなものを奨める病院が増えてきました。

骨盤はズレるのか?

一般の医療で骨盤は歪まないと言われ、カイロプラクティックなどでは骨盤は歪むといわれどっちが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそのような違いがでるのかを説明していきます。

まずは、「カイロプラクティック」でいう「骨盤」が歪むというのは病院などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫みたいにレントゲンなどの画像でわかるようなひどい歪みは扱うことはありません。

病院では?

婦人科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像で見て分からない程度の歪みは痛みなどの身体の不調の原因になりえないと考えています。

これ以外にも「骨盤」の動きはわずかで例外的なのは出産時に可動する程度。

歳をとると仙骨と腸骨はほぼくっついてしまう為、「骨盤」は通常では稼働しないと思われているみたいです。

カイロプラクティックなどの手技療法では?

手技療法で行う骨盤矯正は、常日頃から「骨盤」のほんの少しのズレを施術したのちに患者の痛みが良くなるのをよく目にします。

事実骨盤の仙腸関節の周辺には筋肉、神経、靱帯などが存在しすこしの歪みでも筋肉、神経、靱帯を充分刺激します。

レントゲンやMRIなどの画像でズレが見つからなくても骨盤がひずんでいてその歪みを調整する必要があるとカイロプラクティックで言うのはこの為です。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい

歪んだ「骨盤」は、様々な痛みなどを肉体に出現させます。

「骨盤」がひずむと骨盤に乗る背骨が歪みます。

背骨がズレると背骨の中を通る神経や血管、肉体を支える靱帯や筋肉、全身に栄養や酸素を送る血管などに負荷がかかりこれらは、それも全て身体にとってとても重要なもので、どれが障害されても身体に異常が起こるようになります。

骨盤の歪みが原因の神経圧迫

背骨がひずむと脊椎より出る神経機能が障害されます。

内臓の障害や運動器官の障害など肉体の色々な部分が神経の命令で操られているのでこれら全ての肉体の異常に関連してきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担

ひずんだ身体は、関節、筋肉、靱帯に大きな負荷がかかるため、慢性の凝りや痛みの原因になったり、運動能力の低下などももたらします。

歪みによる血行不良

体の歪みによって血管などを圧迫してしまうことで、血行不良による「むくみ」や「冷え」などの原因なってしまう。

カイロプラクティックによる骨盤矯正

手技療法などによるカイロプラクティックの骨盤矯正は、多くの場合手技によってされます。

矯正器具や矯正ベッドを使う場合もありますが、一般には手で行います。

また、骨盤ベルトのような「骨盤」を固定する器具も用いる場合もあるようです。

一般的に修正の痛みをともなわないのが普通ですが、その中にはとても強い力で無理に調整を、使用する治療師もいます。

正常な骨盤の場合は、骨盤の関節の可動性はすごく狭く大きく可動することはありません。

この少しの可動域を矯正によって可動させるので基本的に強い力を必要とすることはないのです。

カイロプラクティックでおこなっている骨盤矯正

骨盤の仙骨と腸骨の関節は靱帯や筋肉で強くつながっていますが、筋肉や靱帯などの柔らかさの範囲でしか骨盤の仙骨と腸骨の関節は可動することはできません。

「骨盤が広がっているから「骨盤」を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをテレビ、雑誌、ネットなどで見かけますが、騙されないで下さい。

骨盤にどんなに力を加えても見た目で分かるほどの動きはしません。

このような広告をする「カイロプラクティック」は、骨盤の上に乗っかるなどして強い力を加えるなどして調整します。

凄く強い力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと思う人もいますが、見た目で分かるほど動いた時は骨盤の仙腸関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限度を超えてしまうため、靱帯や筋肉を壊してしまいます。

治療前と治療後で変わったと思う人もいるようですが、勘違いみたいなもので変ったような感じがしているだけなんです。

骨盤の仙腸関節に損傷が無ければ「骨盤」が目に見えて違いが自覚できるほど動いていることはありません。

逆に見た目で変化が分かるほど骨盤が可動したのであれば、関節の靱帯や筋肉は損傷しているわけであり、仙骨と腸骨の関節の間の痛みが発生しているはずです。

出産後の骨盤矯正

例外として骨盤が普通異常に動くことがあります。

それは、出産時です。

出産する時は、ホルモンによって骨盤の関節がゆるみ骨盤が広がるように可動しやすくなっていきます。

出産時には恥骨間が2㎝くらい開きますが、出産の時以外では骨盤の仙腸関節は柔軟性は無いのです。

出産時でもそんなに大きく可動しない骨盤が、見た目で分かるほど治療で大きく可動することはない。

歯列矯正のように数年間にわたって力を加え続けるようなコルセットなどを使用すればすこしずつですが矯正していく事は可能でよしょうが現実では無理があります。

骨盤矯正をしてみよう!

カイロプラクティックでおこなわれている骨盤矯正は、体形を変化させるものではなく、体をバランスのとれた理想の状態に戻すことが目的なんです。

骨盤の関節はちょっとのズレでも痛みなどを発症することもあるし、「骨盤」の少しの歪みを体全体をひずませ健康に大きな影響を与えます。

骨盤を整え体をバランスのとれた良い状態に戻すことで健康を保ち凝りや痛みを治します。

もしも骨盤が歪んでいるとおもったら「骨盤矯正」をしてみるのもいいとおもいます。

「骨盤」は、体の土台です。

骨盤が傾けば身体全体が傾ていしまいます。

健康な体は姿勢から!「カイロプラクティック」の治療はとても有効な手助けになります。

浜松市東区、骨盤矯正、カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です