逕」蠕後・鬪ィ逶、縺ョ豁ェ縺ソ縲・ェィ逶、遏ッ豁」

出産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正を受けますか?

産後に行く産後骨盤矯正をご存じでしょうか?近頃子供を出産された方達で聞いたことの無い人達はないんじゃないですか?産後に骨盤矯正が聞かれるようになったのは、30年くらい前からでしょうか。それ以前にも産後の「骨盤矯正」は存在してましたが、昨今のように一般には周知されていませんでした。今から30年前くらいに雑誌やテレビに扱われるようになりだんだんと産後の「骨盤矯正」は、一般人にも知ってもらえるようになってきました。

産後の骨盤はズレる?

出産のとき、骨盤は、赤ちゃんが骨盤を通り抜けやすいように骨盤の関節が左右に広がります。普通は可動性のほとんど無い「骨盤」の関節は子供を産むのが多少でも苦痛が楽になるようにホルモンで可動性が増し左右に広がります。特に恥骨の間と坐骨の間が左右に広がります。仙骨と腸骨の間にある仙腸関節は可動しますが大きく広がったりしないのです。「骨盤」の関節が柔らかくなり始めるのは出産より前からで産後もっとも広く広がります。少し広がった「骨盤」は出産後元の状態になります。

産後に骨盤はズレる?

通常、産後骨盤は元の状態になります。だがしかし、出産後元の状態に戻らず腰痛や背中の痛みなどを発病することがあります。なぜ骨盤は歪むの? ズレるの?

赤ちゃんによって骨盤が歪む

妊娠中に赤ちゃんが徐々に大きくなっていきます。大きくなったお腹の赤ちゃんに骨盤が中から押し広げられて「骨盤」が歪みます。

妊娠中の性活習慣で歪む

日常生活(妊娠中に限らず)で、骨盤が歪むような癖がある場合。元々骨盤が歪んでいれば、産後にもその歪みが続くことがあります。産後骨盤は赤ちゃんの出産前の元の骨盤に戻るが、元々の骨盤の関節がズレていれば、歪んだ状態になってしまいます。

産後骨盤が元に戻らなかった場合

出産後骨盤は出産前の状態に戻ろうとしますが、何らかの要因で骨盤が元に戻らず歪んだ状態になってしまう事があります。こんな場合、強い痛みが出ることがありあります。痛みを発する所は恥骨の場合もあるが、腰部全体に発現する場合もあります。

出産後の生活で歪む場合

産後暫くの間は、骨盤の仙腸関節は緩んだ状態になっています。その時期に赤ちゃんの世話などで、曲がった姿勢でいる時間が長かったりすると、出産後骨盤が元に戻った後でもちょっとずつ歪んでしまう。

自分で行う産後の骨盤矯正

最近では、婦人科などでも骨盤の歪みに対応して「骨盤」を不安定な状態から安定させるように締める骨盤ベルトのようなものを使用するようにすすめることもあります。またテレビ、雑誌、ネットなどで自分で骨盤の関節の歪みを整える骨盤矯正体操も流布されるようになりました。産婦人科で紹介する骨盤ベルトは「骨盤」をズレないように「骨盤」の関節を押さえるだけです。産婦人科では、どんな感じで骨盤が歪んでいるかを検査することはない。産後骨盤が曲がっていることを大前提に単純に締め付けてあげるだけです。骨盤矯正体操は、柔軟などの体操や「骨盤」にチューブを巻いて骨盤を動かしたりして骨盤を歪んでいない状態に戻そうとするものですが、自分の骨盤の状況がどのように曲がっているかを知ることのできる方法を教えてくれませんので自分自身の骨盤のズレの状態を知ることはできません。柔軟体操や骨盤を動かすエクササイズをしても自分の「骨盤」の状況を知っていなければ、正しい状態に治すには、どちらの方向に力を加えていいかわかりません。自分の状況がわかっていないのに行う骨盤矯正のストレッチや体操は、動いているうちに運よく正しい位置になってくれればいいとをいう「偶然を願ってする神頼み」と同じです。

整体で行う産後の骨盤矯正

骨格矯正の専門の治療である整体は、骨盤矯正の専門家でもあります。「整体」では骨盤のズレを検査して、「骨盤」の歪みを理想的な状態に戻すように骨盤を調整します。骨盤を良い状態に戻すには、「骨盤」の曲がっている状態を知っておく必要があります。骨盤の状況を知っていなければ、どの方向に力を加えれば元の骨盤に戻すことができるのか分からない。前の述べた一般人が行う骨盤矯正では、「骨盤」の状態を考えずに調整を加える為、最悪ズレが悪化することもある。このようなことは珍しいことではありません。産後の「骨盤矯正」を考えるのであれば、整体で矯正することが最も推奨されます。またエステのような所の「骨盤矯正」は、個人の印象なんですが、骨盤のズレがなくても大げさに骨盤が歪んでいると患者を不安にさせ不必要な矯正を長期にわたって行う傾向が強いように思います。正直信用できない所も多いような気がします。

出産後に骨盤矯正は必要?

最近の「骨盤矯正」の広告を見てみると、産後「骨盤矯正」は、必ずするべきだ言わんばかりの宣伝文句が目立ちます。「骨盤矯正」は出産後どうしてもするべきなのでしょうか?その答えは「NO」。骨盤矯正がどうしても必要なくらい身体に影響があれば、「骨盤矯正」ができなかった時代はどーだったのでしょうか?骨盤矯正が無かった時代でもなんの問題もなく皆さん出産していました。出産後の「骨盤」の多くは、妊娠前の正常な状態に普通にもどります。しかしその中には出産後に「骨盤」が曲がってしまう方が少なからずいます。大多数の方は、出産後の「骨盤矯正」は必要としません。「骨盤矯正」が必要な人は、出産後何らかの異常を感じた場合だけです。産後の骨盤の歪みが心配であれば、正しく骨盤の検査をしてくれる整体に行くべきです。正直な「整体」は、「体形が崩れる」「太りやすくなる」などと「骨盤矯正」を奨めることはありません。しっかりした整体は、歪んでいない骨盤をズレていると言って必要の無い「骨盤矯正」を奨めることもありません。ほとんどの人達は、出産後の「骨盤矯正」はしなくてもいいことを知っておいて下さい。

患者を不安にさせるトークをする治療院は要注意!

骨盤のズレを放置すると「下半身太りになる」「太りやすくなる」「体形が崩れる」など必要以上に出産後のの「骨盤矯正」をすすめるエステや整体などは一度良く考えてからにしてみて下さい。出産後に「体形が崩れる、太ったり」のは骨盤が歪んだのが要因ですか?このようなことの要因の大多数は骨盤じゃなく生活習慣です。子供ができて習慣が大きく変わると、体重が増えたりして体形が変わることは珍しいことではありません。しかし、産後「骨盤矯正」を宣伝する整体やエステの治療院は、産後の体の変化を全て骨盤のズレのせいにして、「骨盤矯正をすれば体形を戻せます」と宣伝をするのです。体形が崩れる要因が骨盤のズレであれば、「骨盤」のズレを矯正するだけで体形を元にもどすことができるはずですが、「骨盤矯正」だけで体形が元どうりもどる方達はごくわずかです。その為、ダイエットサプリやストレッチや筋力トレーニングなどのエクササイズも一緒に処方しようとする所が多く、「骨盤矯正」では体形は元に戻せないと自白しているのと同じです。骨盤矯正に過度の期待をすることは間違いです。怪しい治療院やエステには気を付けましょう。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア慢性の疲労姿勢の矯正猫背の矯正側弯症骨盤の矯正産後の骨盤矯正o脚の矯正x脚の矯正カイロプラクティック整体

2024年5月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sasuga0101