謨エ菴薙→鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市東区、骨盤矯正、整体

【2ch面白いスレ】爆笑 腹筋崩壊イッチ面白い話書いてけウエッウエwwwwww60連発<腹がよじれる>聞き流し作業用BGMに【ゆっくり解説】

【2009年宮崎】ワイヤーのフックが激突し、顔面が陥没骨折…牽引中のワイヤーの一体何が?【ゆっくり解説】

自己責任。

赤貝の肝が危ないけどうまいらしいので食べてみたら・・・。

【悲報】知らなきゃよかった業界の隠語16選

2022年Wordpress初心者使い方・始め方【ホームページ・ブログ作成】

【1998年岩手】知らない間に真っ黒になっていた肺…その原因は現場の『粉』?【ゆっくり解説】

整体の骨盤矯正

「骨盤矯正」

最近は骨盤矯正と言うものを週刊誌やテレビやネットなどで見かけることが多くなってきました。

「骨盤矯正」はどんなものなのか知る人達は少数です。

「骨盤矯正」はなんなのか解説してみる。

骨盤矯正」のことを理解して間違いのない骨盤矯正を受けることができるようになります。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

「骨盤」は一対の腸骨とその中間にある仙骨、それと仙骨の先っぽに付いている尾骨からなります。

外科などの病院の治療は一般に骨盤の治療は行いません。

なぜか、一般の整形外科では骨盤はズレないと思われていて「骨盤」が日常生活で歪み、そのことが身体の異常の要因になるようなことはないと考えているからです。

(だがある一部の病院で骨盤の治療を独自にやっている病院も少ないながらもあります)。

例外としては、高い所から落下したり交通事故にあったりしたときのように強烈な力が骨盤にくわわり骨盤の関節が大きくズレた場合(「骨盤」の関節の捻挫、脱臼みたいなこと)、元の状態に戻すように骨盤を調整することがあります。

この場合は、外科手術で骨盤の調整をすることが多いようです。

また産科では、出産後に骨盤の関節の歪みを治すように骨盤を閉めつけて固定するベルトのような装具を奨める病院が増えてます。

骨盤は歪むのでしょうか?

一般の医療で骨盤はズレないとされていて「整体」では骨盤はズレるといわれいったいどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそのような考え方の違いが出るのかを解説してみようと思います。

まず、「整体」でいうところの「骨盤」が歪むと言うのは、整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼のようにレントゲン写真などの画像で分かるような大きな歪みは扱うことはありません。

病院では?

婦人科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像診断で分からない程度の歪みは痛みなどの身体の不調の要因にはならないと考えます。

これ以外にも骨盤の動きはわずかで例外的なのは出産する時に開くくらい。

中年以降は仙骨と腸骨はほぼくっついてしまう為、骨盤は通常では動かないと考えているようです。

整体などの手技療法では?

整体などでおこなう「骨盤矯正」は、常日頃から骨盤の少しのひずみを修正したことで痛みがなくなるのを経験しています。

事実骨盤の骨盤の周辺には靱帯、神経、筋肉などが存在してちょっとのズレでも筋肉、靱帯、神経を充分刺激します。

レントゲンやMRIのような画像でズレがみられなくても骨盤がひずんでいてその歪みを矯正する必要があると「整体」で考えるのはこの為です。

様々な痛みは骨盤の歪みが原因?

ズレた「骨盤」は、さまざまな異常などを体に出現させます。

「骨盤」が歪むと「骨盤」に乗っている脊椎が歪みます。

脊椎がひずむと脊椎の中に入っている神経や血管、骨を保持する筋肉や靱帯、全身に酸素や栄養を送る血管に大きな負荷がかかりこれらは、どれも身体にとってすごく重要なものでどれが障害されても肉体に異常が起こるようになります。

骨盤が原因の神経圧迫

脊椎がズレると背骨より出ている神経の伝達が狂います。

内臓諸器官の障害や運動器官の障害など身体のあらゆる部分が神経の命令でコントロールされているので、これら全ての身体の障害に関わってきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担

ひずんだ身体は、関節、筋肉、靱帯に大きな負荷がかかる為、慢性的な凝りや痛みの原因になったり、運動能力の低下などももたらします。

歪みによる血行不良

体の曲がりによって血管などを圧迫すつことで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの要因になります。

整体と骨盤矯正

手技療法などによる「整体」の「骨盤矯正」では主に手によってなされます。

矯正器具や矯正ベッドなど使う場合もあるようではあるが、一般的には手でします。

また、ベルトのような骨盤を締め付けるような道具も使用する事もあります。

普通修正の痛みをともなわないのが普通のようですが、その中には強い力で無理に矯正を行う方法を用いる治療師もいます。

正常な骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の可動域はすごく狭く大きく可動することは無い。

このすくない動きを治療で可動させるので普通強い力を使用することはないのです。

現実の整体の骨盤矯正

「骨盤」の関節は靱帯や筋肉で繋がっていますが、筋肉や靱帯などの柔軟性の許す範囲でしか骨盤の仙骨と腸骨の関節は動くことはできません。

「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをテレビ、雑誌、ネットで見られますが、騙されないで下さい。

骨盤にどんなに力を加えても眼で見て分かるだけの動きはしません。

こんな宣伝をする整体は、骨盤の上に乗るなど強い力を加えて矯正します。

凄く大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと考える方達もいるようですが、見た目で分かるほど動いたときは骨盤の仙腸関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまう為、筋肉や靱帯を壊してしまいます。

治療前後で変わったと感じる方もいるようですが、気のせいみたいなもので変ったような感じがしているだけです。

骨盤の関節に損傷がなければ骨盤が目に見えて変化が自覚できるほど動いていることはない。

逆に見た目で変化が分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙腸関節の靱帯や筋肉は傷めているわけであり、骨盤の関節に強い痛みが生じているはずです。

出産後の骨盤矯正

例外として骨盤が、普通異常に可動する場合がある。

それは出産時です。

出産時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節が緩み「骨盤」が開くように可動しやすくなります。

出産の時には恥骨の間が2㎝ほど開きますが、出産の時以外では骨盤の仙腸関節はこのような柔軟性は無い。

出産時でも決して大きく開かない骨盤が外見で分かるほど治療で大きく可動することはない。

歯列矯正のように何年か力を加え続けるような骨盤ベルトなど使えばすこしずつですが矯正していく事は可能でよしょうが現実的に無理だと思います。

骨盤の矯正をしてみよう!

「整体」でおこなわれている「骨盤矯正」は体形などを変えるようなものではなく体をバランスの整った理想的な状態に戻すことが目的なんです。

「骨盤」の腸骨と仙骨の関節が小さなズレでも痛みなどを発症することもありますし、骨盤のわずかな歪みを体全体を歪ませ健康などに大きな影響を与えます。

骨盤を治して体をバランスがとれた良い状態に戻すことで健康を保って痛みや凝りを改善します。

もしも骨盤が曲がっているとおもうのであれば骨盤矯正をしてみるのもいいでしょう。

「骨盤」は、肉体の基礎です。

骨盤が歪めば身体全体が傾ていしまいます。

健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!整体矯正はとっても効果的な助けになります。

浜松市中区、骨盤矯正、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。