鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」縺ィ繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

カイロプラクティック

私はピアノ / 高田みづえ 原由子

【解説】10円玉が5円玉2枚に分裂する本格マジック

潮干狩り「赤貝、タイラギ」の獲り方教えます!

「GAU-8アヴェンジャー」のしくみ・A-10攻撃機30mmガトリング砲

中国の歴史上、最も残酷な悪女。

人豚の刑を作った呂雉

日本のヤバすぎる山を一挙解説!総集編!【ゆっくり解説】

カイロプラクティックの骨盤矯正

「骨盤矯正」

昨今では骨盤矯正というのをテレビ、週刊誌、ネットで見かけることが多くなりました。

骨盤矯正」は、どのようなものなのかわかっている方は多くありません。

骨盤矯正はどんなものなのか解説してみます。

骨盤矯正」のことを知り間違いのない「骨盤矯正」を受けることができるようになります。

骨盤の歪みを治す骨盤矯正

骨盤は、一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にある仙骨、それと仙骨の先っぽにつながる尾骨からなっています。

外科などの病院の治療は一般的に骨盤の治療はおこないません。

なぜだと思いますか?一般の整形外科では骨盤は歪まないと考えていて骨盤が普段の生活でズレてその歪みが体の異常の原因になったりすることはありえないと思っているからです。

(だが一部の整形外科では「骨盤」の調整を独自に行っている病院もすくなからずある)。

例外としては、高い所から落下したり交通事故にあったりした時のように強烈な力が骨盤にかかり「骨盤」の関節が大きく歪んだ時(骨盤の関節の捻挫、脱臼のようなこと)、元の状態に戻す為に骨盤を矯正する場合がある。

この場合、手術によって骨盤の修正をされることが多いようです。

また産婦人科では、産後に骨盤の関節の緩みを修正するように骨盤を閉めつけて固定する骨盤ベルトのようなものを奨める病院があります。

 

骨盤は歪むのでしょうか?

病院などの医療では、骨盤は歪まないと言われ、カイロプラクティックなどの民間療法では骨盤は歪むと考えられていていったいどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どのような理由でそんな違いがでるのかを解説してみます。

まずは、「カイロプラクティック」でいうところの骨盤が歪むと言うのは、整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼なのどように、レントゲン写真などの画像で見て分かるような大きな歪みは扱うことはありません。

病院では?

病院などの医療ではレントゲン写真などの画像で分からないくらいの歪みは痛みなど身体の不調の原因になりえないと考えているのです。

その他にも「骨盤」の可動性は少しで例外的なのは出産の時に開くくらい。

歳をとると腸骨と仙骨はほぼ癒着してしまうため骨盤は通常可動域は無いと考えています。

カイロプラクティックでは?

カイロプラクティックでおこなう「骨盤矯正」では、日頃から骨盤のほんの少しのズレを治療したあとに痛みが改善されるのを経験します。

事実骨盤の骨盤のお周りには筋肉、靱帯、神経などが存在してちょっとの歪みでも靱帯、神経、筋肉を刺激してしまいます。

レントゲンなどの写真で歪みが見られない場合でも骨盤が歪んでいて、そのズレを施術する必要があるとカイロプラクティックで言うのはこのためです。

骨盤の歪みは痛みの原因になる

ズレた骨盤は、さまざまな痛みなどを肉体に出現させます。

骨盤がひずむと骨盤に乗っている背骨がひずみます。

背骨がひずむと脊椎の中に入っている神経や血管、体を支える靱帯や筋肉、全身の臓器に酸素や栄養を送る血管に負荷がかかりこれらは、それも全て体にとってとても重要なもので、どれが侵されても体に異常が起こります。

骨盤が原因で神経圧迫

脊椎がひずむと脊椎より出る神経の伝達が障害されます。

内臓機能の異常や運動器官の障害など体のあらゆる部分が神経の情報で操られているのですべての肉体の異常に関連してきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担

ズレた肉体は、関節、筋肉、靱帯に異常な負担がかかるため、慢性の凝りや痛みの要因になったり、運動機能の低下などももたらします。

歪みによる血行不良

体の曲がりによって血管を圧迫してしまうことで、血行不良による「むくみ」や「冷え」などの原因なってしまう。

骨盤矯正とカイロプラクティック

手技療法による「カイロプラクティック」の「骨盤矯正」では多くの場合手によって行われます。

矯正器具や矯正ベッドを使う場合もあるが、一般的には手でします。

また、コルセットのような骨盤を固定する器具も使用する場合もあるようです。

ふつう施術の痛みは伴わないのが普通なのですが、中には強い力で無理に調整を行う方法を使う整体師もいる。

普通の「骨盤」の場合、骨盤の関節の可動域はとても狭く大きく動くことはない。

この少しの動きを矯正によって可動させるので普通は強い力を必要とすることはないのです。

カイロプラクティックでおこなう骨盤矯正

骨盤の仙腸関節は筋肉や靱帯でつながっていますが、筋肉や靱帯の柔軟性のゆるす範囲でしか骨盤の仙骨と腸骨の関節は動くことはできません。

「「骨盤」が広がっているから骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをネット、テレビ、雑誌などで見かけますが、騙されないように。

骨盤にどれほど力をかけても見た目で分かるほどの動きはしない。

こんな広告をする「カイロプラクティック」では骨盤の上に乗るなどして強い力を加えるなどして矯正します。

凄く強い力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると思う人もいるかもしれませんが、見た目で分かるほど可動した場合は骨盤の仙腸関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限度を超えてしまうため、筋肉や靱帯を破壊してしまいます。

治療した後に変わったと感じる方もいるようですが、プラシーボ効果のようなもので変ったような気がしているだけなんです。

「骨盤」の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、「骨盤」が見た目で違いが分かるほど可動していることはない。

逆に見た目で違いが分かるほど骨盤が可動したのであれば、関節の筋肉や靱帯は傷めているわけであり、関節の痛みが発生しているはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?

例外的に「骨盤」が、通常以上に動く場合があります。

それは、出産時です。

出産時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節がゆるみ骨盤が広がるように動きやすくなっていきます。

出産時には恥骨の間が2㎝くらい開きますが、出産時以外では骨盤の仙腸関節はこのような柔軟性はない。

出産の時でもそんなに大きく可動しない骨盤が見た目で分かるほど修正で大きく可動することはありません。

歯の矯正のように数年にわたって力をかけるようなベルトなど使えばすこしずつですが矯正していく事はできるでしょうが実際には無理だと思います。

あなたも骨盤矯正しよう!

カイロプラクティックでする骨盤矯正は、体形を変えるものでなく体をバランスの整った健康な状態に整えることが目的です。

骨盤の仙腸関節は、わずかなひずみでも痛みなどを発することがあるし、「骨盤」の少しの歪みを身体全体をひずませ健康などに影響を与えます。

「骨盤」を修正して身体をバランスのとれたいい状態に保つことで、健康を保ち凝りや痛みを解消します。

もし骨盤が曲がっていると思うのであれば、「骨盤矯正」をしてみるのもいいでしょう。

骨盤は肉体の基礎です。

骨盤が傾けば身体全体が傾ていしまいます。

健康な体は正しい姿勢かた¥ら!カイロプラクティックの治療はすごく有効な手助けになります。

浜松市南区、骨盤矯正、カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。