謨エ菴薙→鬪ィ逶、遏ッ豁」

骨盤矯正、整体

【合法】ケチすぎて節約を極めたら大金持ちになった話【昔ばなし】


森の一軒家に侵入した強盗。 中を覗いて慌てて逃げようとしますが、すでに手遅れでした。


空母の外観を持つ揚陸艦「あきつ丸」 先進的思想だったが活躍できず!?あきつ丸はどのように生まれたのか?【梟軍事情報局】


-Dreaming Girl- 恋、はじめまして / 岡田有希子


【合法】町工場のおじいさんが倒産で仕事を失ったらスパイになった話【昔ばなし】


【ゆっくり解説】定員の倍以上が乗り制御不能に…車の定員を無視して無茶な運転を続けたDQNの末路



整体と骨盤矯正


「骨盤矯正」


最近「骨盤矯正」と言うものをテレビや週刊誌やネットなどで見ることが増えてきました。 骨盤矯正は、どのようなものなのか解っている方は少数です。 「骨盤矯正」はどんなものなのか説明していきます。 骨盤矯正のことを知って、間違いのない「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!


骨盤は、左右一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にある仙骨、それと仙骨(せんこつ)の先に付いている尾骨からなっています。 整形外科などの病院の治療では一般に「骨盤」の施術はしません。 なぜかと言うと、一般医療では骨盤は歪まないと思われていて骨盤が普段の生活で歪み、そのズレが体の異常の原因になるようなことはないと考えているからなのです。 (だがある一部の病院で骨盤の調整を独自の方法でしている病院もわずかにある)。 例外としては、高い所から落下したり交通事故にあったりした場合のように強烈な負荷が骨盤に加わり骨盤の関節が大きく歪んだ時(骨盤の関節の脱臼、捻挫のような状態)、元の状態に戻すように骨盤を修正することがあります。 この場合は、手術のようなかたちで「骨盤」の調整をすることが多いようです。 また産婦人科では、産後に骨盤の関節の緩みを修正するように骨盤を閉めつけて固定する骨盤ベルトのようなものをすすめる病院が増えてます。

骨盤は歪むのか?


病院などの一般の医療で骨盤は歪まないとされていて「整体」では「骨盤」はズレると言われていてどちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそのような考え方の違いがでるのかを説明してしてみたいと思います。 まずは、整体で言うところの「骨盤」がズレるというのは病院などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼のようにレントゲン写真などの画像診断で分かるようなひどい歪みは扱うことはありません。

病院では?


病院などの一般医療では、レントゲン写真などの画像診断で分からない程度のズレは痛みなどの身体の不調の原因になることは無いと考えています。 他にも骨盤の可動性は微妙で例外的なのは出産の時に動く程度。 歳をとると腸骨と仙骨はほぼ癒着してしまう為、「骨盤」は普通動きが無いと思っているようです。

整体では?


整体でおこなわれている骨盤矯正では、常日頃から骨盤の少しのズレを矯正していくことで患部の症状が改善されるのを見ています。 事実骨盤の仙腸関節の周りには神経、筋肉、靱帯、が存在して微妙なズレでも靱帯、神経、筋肉を充分刺激する。 MRIやレントゲンなどの画像で歪みが写らなくても骨盤がズレていてそれを治療する必要があると整体で考えるのはこの為です。

痛みの原因は骨盤の歪み


ズレた「骨盤」は、さまざまな異常を身体にもたらします。 「骨盤」がひずむと骨盤に乗る背骨が湾曲します。 脊椎が湾曲すると脊椎の中を通っている血管や神経、体を保持する筋肉や靱帯、全身の臓器に酸素や栄養を送る血管などに大きな負担がかかりこれらは、それも全て肉体にとってすごく重要なものでどれか一つが障害されても体に障害が起こります。

骨盤が原因の神経圧迫


背骨がひずむと脊椎より出る神経機能が狂います。 内臓機能の障害や運動器官の障害など肉体のあらゆる部分が神経の命令でコントロールされているので、すべての体の異常に関わってきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担


ズレた体は、関節、筋肉、靱帯に大きな負担がかかってくる為、慢性の凝りや痛みの原因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良


肉体の歪みによって血管を圧迫してしまうことで、血行不良による「むくみ」や「冷え」などの要因なってしまう。

骨盤矯正と整体


手技療法などによる整体の「骨盤矯正」では、多くの場合手によってなされます。 矯正器具や矯正ベッドなど使用することもありますが、一般には手でします。 また、骨盤ベルトのような骨盤を固定する器具ももちいる事もあります。 一般に調整の痛みをともなわないのが普通ですが、中にはすごく強い力で無理に治療を行う方法を使う整体師もいます。 正常な骨盤の場合は、「骨盤」の関節の可動域は非常に狭く大きく可動することはない。 この微妙な可動域を修正によって動かすので、普通は強い力を用いることはありません。

整体の骨盤矯正の現実


骨盤の関節は筋肉や靱帯で繋がっていますが、筋肉や靱帯などの柔軟性の範囲でしか骨盤の仙腸関節は可動することはできません。 「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」のようなことを雑誌、ネット、テレビで見ますが、騙されないで下さい。 骨盤にどれだけ力を加えても眼で見て分かるだけの動きはしない。 こんな広告をする整体では、骨盤の上に乗るなどして強い力を加えて治療します。 強い力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると考える方達もいると思いますが、目に見えて分かるほど可動したときは「骨盤」の仙骨と腸骨の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまうため、靱帯や筋肉を傷めてしまいます。 治療した後に変化したと思う方もいるみたいですがプラシーボ効果みたいなもので変ったような感じがしているだけです。 骨盤の関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、「骨盤」が見た目で変化が分かるほど可動していることはないのです。 かりに目に見えて違いが分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の筋肉や靱帯は傷めているわけであり、骨盤の関節に痛みが出現しているはずです。

骨盤矯正の例外!産後の骨盤矯正


例外的に骨盤が普通異常に可動する場合がある。 それは出産時です。 出産する時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節がゆるんで骨盤が、広がるように可動しやすくなったりします。 出産の時には恥骨間が2㎝くらい開きますが、出産時以外では骨盤の仙腸関節は柔軟性はありません。 出産の時でもそんなに大きく開かない骨盤が、外見で分かるほど矯正で大きく動くことはありえません。 歯の矯正のように数年間にわたって力を加えるような骨盤ベルトなど使用すれば徐々にですが矯正していくことは可能でよしょうが実際には無理があります。

骨盤矯正をしよう!


整体でおこなわれている「骨盤矯正」は体形などを変えるものではなく、肉体をバランスの整った健康な状態に正すことが目的です。 「骨盤」の腸骨と仙骨の関節が小さな歪みでも痛みなどを発することがありますし、骨盤の微妙な歪みが体全体をひずませ健康などに影響を与えます。 骨盤を修正して身体をバランスのとれたいい状態に維持することで健康を保って凝りや痛みを改善します。 もし骨盤がひずんでいると思うのであれば、「骨盤矯正」をしてみるのもいいとおもいます。 骨盤は、身体の土台です。 骨盤が歪めば体全体が傾ていしまいます。 健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!「整体」の治療法はすごく効果的な助けになります。
骨盤矯正